« 残念!豪&稀勢が黒☆ | トップページ | おめでとう、鶴竜! »

2016年11月26日 (土)

あ~ぁ、優勝が決まっちゃった

こんばんは。また出てきました。
残念、もう優勝が鶴竜に決まってしまいました。(-.-) 稀勢の里は頑張りましたが、豪栄道と日馬富士はちょっと気負いすぎたのか、呆気なく負けて本来の力が出し切れなかったね。うむ、残念。鶴竜が三度目の優勝を決めました。千秋楽まで誰が優勝するか分からないというのが一番おもしろいのであって、熱心な相撲ファンとしてはガッカリです。今場所は千秋楽まで混戦かと思ったのも束の間、アッサリと、はやばやと、優勝力士が決まって気が抜けた感じです。ま、しょうがない。

こう言っては何ですが、鶴竜という横綱は誠に地味で、あ、彼も横綱だったんだ、と思うほど存在感が希薄です。(ごめんなさい鶴竜さん) 彼はとても頭がいいことで知られていますが、日本に来て言葉をすぐに覚え、日本人と変わらない話し方で喋っていました。頭のよさからか余計なことを言わず口数が多い方ではありません。人前で打ち解けて明るく話すわけでもないので、どちらかと言えば通ごのみの力士かもしれません。私も好きな方の力士でした。あの逆鉾、井筒親方の指導のもと力をつけてきた力士だし、地味だけれど好きでした。それがある時、たしか優勝が決まる勝負だったと思います。彼は何と立ち合いで「変化」をして勝ったのです。私はひどく失望し、以来、好きな力士では無くなってしまいました。朝青龍と白鵬の対戦でも、変化の応酬があり、勝手にやればいい、この人たち…。と呆れたことがあります。大事な勝負での横綱の「変化」。これは日本人力士なら絶対にあり得ない。

その点、同じモンゴル出身でも日馬富士はその様な相撲を取りません。「全身全霊で」が口癖の彼です。横綱でありながら立ち合いの変化をしたり、まるで暴力の様な乱暴な相撲で相手に怪我をさせたりdamageを与えることなどありません。それどころか勝負が決まり、相手の力士が土俵から落ちそうになると抱きとめて怪我をさせない配慮もしています。だから私は彼を人格者だと言い、横綱としての精神性は三横綱の中では一番だと思うゆえんです。横綱が優勝するなら彼に賜杯をとは思っていました。天馬(あま)時代から私は彼の大ファンでした。鶴竜は今場所は変化を見せたり、いなしたりといった横綱らしくない取り口は無かったので、そういうことをしない時こそ心身が充実しているということなのでしょうか。いつもそうあって欲しいものです。そうすればまた応援しましょう。

ところで皆さん、相撲の期間はアクセスが多くなります。私がひとりハジケていたり、必死で応援していたり、誰かさんの取り口にグチっていたりしているだけなのですが、いつもよりお客様が多くなります。私としては相撲のことを語る人も居ないので、この場で喋っているだけで、それを誰かに聞いていただき(読んでいただき)、喜んだり心配したり、時にイカったりしているだけなのですが…。聞いてくださってありがとうございます。日々テレビの前で私はかしましく応援をしているのであります。ひいきの力士が勝った時のやかましさといったらありません。両隣の家はもう判っていることだと思います。ふだんはもの静かな私が年に六回、夕方にかしましくなることを。それも明日で終わりです。あぁ寂しい。

あ、そうだ。白鵬は足が痛いのに頑張ってるね。右肘で必殺かち上げをやるには右足指で踏ん張らないといけなくて、踏ん張れないからアレしないでいい感じ。かち上げしすぎか両ひじにはサポーター。千秋楽もしないでね、あぶないからね、かち上げ。四敗の貴方なら応援してあげてもいい。顔面かち上げしないならだけど。

優勝は鶴竜に決まったけれど、呼び出しの声、のこったのこったの行司の声、それから響きわたる柝の音だとか、すべてが私には癒しです。目を閉じると鬢付け油の香りもしてくるような気がします。あと一日、それらに浸りましょうか。(どんだけ好きなん?) もちろんすべての取り組みを楽しもうと思います。そうだ、羽生君、おめでとう。それでは皆さん、御機嫌よう。   右近

|

« 残念!豪&稀勢が黒☆ | トップページ | おめでとう、鶴竜! »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/64547539

この記事へのトラックバック一覧です: あ~ぁ、優勝が決まっちゃった:

« 残念!豪&稀勢が黒☆ | トップページ | おめでとう、鶴竜! »