« 束の間の太陽 | トップページ | 2月の晴天 <青空 in神戸> »

2017年2月14日 (火)

日本での‘Vチョコ’は『神戸モロゾフ』が発祥の店

今日はSt.Valentine's Day、皆さんはチョコを頂きましたか?あるいは差し上げましたか?はい、私もそれなりに。 
このチョコレートを愛する人にあげるという慣習は、かつて日本では女性から男性に告白できる唯一の日とされていました。それがこの日。これは日本独自の発想です。そのためチョコを買って男性に差し上げるということになっていました。そこから広がり、会社の上司や同僚の男性にあげるなど義理チョコなども定着しました。対する本命チョコは特別なものを吟味して買う女性、心を込めて手作りする女性も多いですね。また昨今では家族や友人、そして自分自身へのご褒美チョコも定着しつつあります。チョコレート業界やデパート、専門店などは、‘受け取る・渡す’の中身は変われども、寒さで経済が鈍くなるこの時期に、とにかく売れてくれぃと毎年のように力を入れています。

さて皆さんはこの日の謂われ(いわれ)をご存じでしょうか。Valentine司教が処刑された日なのですね。詳しくは下記にリンクするWebページにも記載されています。長くブログをやっており、そのことを過去に何度か書いてきたことがあるので今日はそちらをお読みください。

ところで外国で始まったこの習慣を日本に最初に取り入れて商売としたのはどこの店だかご存じでしょうか。それは「神戸モロゾフ」です。昔から神戸人にはおなじみの店です。其処から徐々に広がっていきました。最初にモロゾフがValentineのチョコを売り出したのが1932年だそうです。私がまだ陰もカタチも無い頃のことです。もちろん皆さんも。それからすでに85年を経て、なおもチョコを贈る習慣が日本人にあり、経済を活性化させているのは発祥の「神戸モロゾフ」に先見の明があったからでしょう。このモロゾフは、チョコレートの店としてスタートしています。

女性から男性に告白される唯一の日は、その昔、ずいぶん貴重な一日だったと想像いたします。当時は女性から男性に告白するなど難しい時代だったでしょうから。(今では女性からのコクハクももバンバンですが) 現在は広義での‘愛する人へ贈るしるし’になったチョコレート。皆さんはどのように味わっておられますか?あげる人なんて居ない。くれる人なんて居ないと嘆くあなた。この世であなたをいちばん愛する人はあなた自身です。貴方ほど貴方を愛する人はいないはず。だから美味しいチョコレートを買って、あなた自身に差し上げてください。そう、ご褒美チョコ。
Happy Valentine! よき夜を暖かくしてお過ごしください。それでは皆さん、ごきげんよう。  右近

◎ 『日本のバレンタインチョコレートはモロゾフから始まりました』

   ↑このページをご覧になったあとは『モロゾフ本店』を隅々までご覧あれ。美味しいものがいろいろありますよ。

 

|

« 束の間の太陽 | トップページ | 2月の晴天 <青空 in神戸> »

歳時記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本での‘Vチョコ’は『神戸モロゾフ』が発祥の店:

« 束の間の太陽 | トップページ | 2月の晴天 <青空 in神戸> »