« カワイイ‘きせのん’カッケー‘きせのん’ | トップページ | やっと開いた‘マイ桜’ »

2017年3月30日 (木)

『大人たちが雪山で奪った若い命』

大田原高校の生徒たちが雪崩で亡くなった。まだ16歳や17歳である。高校生活を楽しむ真っ最中にある若い命はなぜ奪われたのか。このニュースを遅れて知って以後、いたたまれない気持ちが続いている。そして怒りへと変わってきた。怒りは関係者たちの謝罪会見をニュースで観た時、頂点に達した。この訓練の責任者である猪瀬という人物の発言に怒りが爆発した。

この人物はこう言った。雪崩が起きやすい場所ではないことを調べた上で、そう認識していた。それでその場所を選んだと飄々とした表情で強調した。何を言っているんだ、雪崩は起きたじゃないか。しかも7人もの高校生たちが亡くなっているじゃないか。実際に雪崩は起きているのに、そんなことを言うなど自分たちの保身以外のなにものでもないか、極めてアタマが悪いかどっちかだ。謝罪の場をなんと心得て出てきたのか。実際に雪山の専門家たちは、常識では考えられないことをさせていると強く批判している。しかも猪瀬という人物は、ふもとの旅館に待機していたとのことだ。事故発生時は電話が通じなくなり、事故を知らせるため山を駆け下りた教師が旅館に着くのに一時間もかかったという。これでは助かる命も助からない。

亡くなった生徒たちの明るい笑顔がテレビに写り、どうしようもない怒りが込み上げて叫びたくなった。保護者たちは大事な息子を奪われたのに気丈に振る舞い、誰ひとり関係者に怒号を浴びせかけることは無かったのだろう。いつも思うことだが、理不尽に大事な家族が奪われた時でさえ冷静に答え、怒りや悲しみを爆発させる人は誰も居ない。私はそのことに頭が下がる。おそらくは突然に家族を奪われ、まだ信じがたい気持があり、本当の悲しみや怒りを感じることが出来ないのだろうと思う。私ならカメラの前で怒鳴り散らすかもしれない。きっと怒らずにはいられない。今すぐにでも親たちの代わりに私が怒鳴りに行きたいくらいだ。こんな時、日本人はもっと怒っていいのにといつも思う。怒るべき時も日本人はあまりに謙虚でつつましやかだ。

雪崩は起きないだろうという大人たちの甘い判断と、雪に触れさせたかったという安易な理由で春山の恐ろしさを知らずにGoサインを出した大人たち。何の疑いも無く従った若い命は彼らに奪われたようなものだ。教師たちは日頃から命の重さを教えてきたのではないのか。せっかくの訓練だから何かさせたいというのは教師たちの傲慢ではなかったか。危険があるなら安全な場所で雪合戦でもして遊ばせてやればいい。それはそれで若者たちは何をしても楽しむのだ。ラッセルという訓練を強行した陰に、教員たちの「何が何でも‘訓練’の予定を消化する」こだわりは無かったか。それが若者たちの命を奪ったのではないのか。雪崩注意報が出ていたというのに…。事故の詳細が明らかになるにつれ、やるせなさと怒りが増幅する。

謝罪会見で、どの人物にも怒りを感じた。マスコミも籠池サンには突っ込んだ質問をして追求するのに、おとなしい質問ばかりだった。また、こんな言葉にもl腹が立った。「今後は二度とこのような事故を起こさないように致します云々」と言っている人が居た。早くないか?突然の愛する者の喪失に、耐えに耐えている家族への配慮は無いのか。失礼じゃないか。今後より、まず今は起きたばかりのことを真剣に謝ったらどうなんだ。どいつもこいつも腹の立つ奴らばかりだ。

韓国のセウォル号の事故もそうだった。積載量オーバーの船での修学旅行で事故に遭い、自室に待機して外に出るなという誤ったアナウンスに従った殆どの生徒たちの命は奪われ、必死で甲板へ出て、傾く船体を滑り降りたわずかな生徒たちが助かった。あの事件も多くの若い命が大人たちに奪われた。この雪崩でも若い命を奪ったのは大人たちだ。自然を山を春の雪山を、ちっとも知らない大人たちに奪われたのだ。先生を信じてそのまま命を絶たれた高校生たち。高校生たちの通夜の映像には胸が張り裂けそうだ。関係者は全員が剃髪をして仏門に入って頂きたい。若き命を奪った代償として、以後の人生を懺悔と供養に充てて欲しい。もしも自分たちの可愛い我が子がそんな目に遭ったならと想いを馳せながら、御遺族の悲しみを少しでも担う覚悟をするべきだ。無垢な若者たちの尊い命を貴方がたが無惨にも奪ったのだから。

若い人たちを育てることに関わってきた右近の激しい怒りは当分の間おさまりそうにない。怒り心頭とはこのことだ。やるせなく、ただ悲しい。生徒たちのことを想うと涙と溜息しか出ない。       

                                                怒れる右近

|

« カワイイ‘きせのん’カッケー‘きせのん’ | トップページ | やっと開いた‘マイ桜’ »

社会の出来事」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『大人たちが雪山で奪った若い命』:

« カワイイ‘きせのん’カッケー‘きせのん’ | トップページ | やっと開いた‘マイ桜’ »