« 横綱相撲の稀勢の里 つよっ! | トップページ | 猫のはるかですが何か?‘サビ猫の初トーク’ »

2017年3月18日 (土)

強い新横綱 稀勢の里 他 

強いですね、新横綱。堅さがなく、慌てることも無い。落ち着いて‘横綱相撲’を取っている稀勢の里です。師匠 隆の里のように、新横綱で全勝優勝をしてほしいね。頑張れ。

私はようやく身体が少しずつ回復してきました。2月半ばから約1ケ月の間、とても大変でした。『猫の為に決断したこと』を着々と実行したのです。体力以上の動きをしたので、きっとドカンと疲れが来るだろうと覚悟していましたが、じわじわ来ました。猫の為に何を決断して忙しくしていたのかは、昨日、『猫愛』のブログに書きました。こちらでも少しそのことを話したので、昨日の記事をcopy&pasteしておきます。興味のある方はお読みください。

☆『猫の為に下した決断とは』   <ブログ『猫愛より>

それは神戸の「隠れ家」に何年かはもう行かないということです。
そのために家財をすべて搬出しなければならなくて、とっても大変だったのです。

なぜそう決めたかというと、はるかちゃんがマンションにどうしても馴染めないからです。私には居心地がよい場所でも、はるかちゃんには苦手で大嫌いな場所のようで、落ち着くことができないのです。そのせいか前年の冬に約2ヶ月ほど滞在した時、ストレスからか血尿を出すなど病気になってしまいました。病気なんかしたことがなかったので心配しました。すぐに病院へ連れて行き、幸いすぐに元気になりました。以後、私はマンションには出向けなくなり、せっかく手に入れた隠れ家なのに放置せざるを得ない状態になっていました。それでこの度、家財を搬出し、部屋を空にしました。今後は隠れ家をどうするのか考えているところです。おそらく賃貸に出すことになると思います。

そんな訳で、いま右近庵は箱だらけです。凄いのは玄関ドアを開けたらドカンと真新しい冷蔵庫が鎮座ましますことであります。荷物を箱を運び入れた和室はまるでNewYork。段ボール箱のSkyscraper(摩天楼)がそびえ立っている状態です。廊下はカニさん歩きでしか通れません。私は頑張りすぎて未だ疲れが取れず、その上マンションの今後を依頼した会社が実にいい加減だったので、また他の会社に依頼し直したりと、続けざまに大変なことがギュッと短期間に起こりました。あぁ、しんどかった。(*_*;

簡単に言うと、そういうことです。そんな訳でとっても多忙だったのです。2週間ほどの間に、神戸と右近庵を5往復もしていたり…。よくあんなことが出来たなぁなんて。思い出してもしんどくなるよ。でもはるかちゃんは喜んでいます。もう行かないから安心してねと言ったら目を細めていました。留守番はとても寂しかったと思います。今までも猫を中心に考えて暮らしてきたけれど、今後の暮らしは最後の飼い猫であるこの子(はるかちゃん20歳)を一番に考えることにしました。これが私の下した決断です。 これでいいのだ。
=^_^=heart01 (^.^)

ということです。段ボール箱や衣装ケースをまだ開ける元気はありません。少しずつ、ゆっくり片付けます。嬉しいことはCDが全部帰ってきたことです。殆どをマンションに運び込んでいたから、右近庵では何となくさびしかったので。

豪ちゃんの足はなかなかよくならず休場。残念。大阪場所に休場するのは辛かっただろうね。稀勢の里と仲間の高安が強い。いつも一緒に稽古をしている二人の同部屋決戦もあるかもしれない。楽しみだね。

庭では黄水仙が咲き揃いました。フキノトウも食べきれないほど出てきます。イチゴも花が咲き始めました。クリスマスローズの花をそろそろ摘んであげないと。昨年末に裏庭からの移設で庭に植え替えた桜の木、早く芽吹いてくれないかなぁ…。今年つぼみは付くだろうか。一輪でもいいから咲いてほしい。願いながら坊主になってしまったマイ桜を眺めています。

それでは皆さん、ごきげんよう。            右近

|

« 横綱相撲の稀勢の里 つよっ! | トップページ | 猫のはるかですが何か?‘サビ猫の初トーク’ »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/65032391

この記事へのトラックバック一覧です: 強い新横綱 稀勢の里 他 :

« 横綱相撲の稀勢の里 つよっ! | トップページ | 猫のはるかですが何か?‘サビ猫の初トーク’ »