« 一勝した稀勢の里 | トップページ | サビ猫のはるかですが何か?(No4)「はるか的日常」 »

2017年5月20日 (土)

‘ルデラル’で行こ。芝生のことやら稀勢の里やら

只今、午前九時過ぎです。すでに強い陽射しです。そのため今日は朝の草抜きはお休みします。ここ3日間、朝夕に頑張っていたのですが、少し疲れがたまってきました。相撲が終わったら、1時間ほど頑張ることにします。

私の平凡な日常において、ひとつ片付けばまた新たな問題が生じるといったことが続いています。ずっとお世話になっている庭のメンテ業者さんが、今年度は大幅な値上げをするとの封書が届きました。作業費の改定は聞いていましたが、その上げ幅にビックリ。なんとこれまでの2倍近くの価格になるというのです。(正確にいえば1.8倍) これには驚きました。年間費用を一括で支払うので、それなりの金額になります。これは出せない。年間総支出予定額の域を大きく超えてしまいます。収支のバランスを崩すと、その他の事柄に影響が出てしまいます。翌日すぐに返事を投函、送られてきた封筒にある事務所の住所に送ったところ、昨日、戻ってきてしまいました。(フシギ) それで昨夜、御自宅の住所に送り直しました。折衷案の提案をお願いしてみたのです。私からは月額費用を値切るのではなく隔月でお願いできないかと。(でも執着するのもなぁとも今日は考え始めています)

その日から私の草抜き生活が始まりました。芝生というのは見た目もいいし、裸足で歩くこともできて気持のいいものです。いつもマゴたちは来るなりmini忍者のごとく側転やバク転を始めます。病弱系の私ではありますが、この芝を何とか自分で維持する方法は無いかと模索中です。しかしシーズンに突入し、芝と雑草のせめぎ合いが始まっています。お隣(嫌がらをした家とは反対側)の御主人は、雑草も何もかも芝刈り機でザーっと刈るのだと言っていました。それでも見た目は変わらないかもしれません。けれども伸びてくるとやっぱり無理でしょう。マメな除草や芝刈りはいずれにしても必要です。電動芝刈り機はあるけれど、長いコードで繋いだりと準備にも大変なので手動で刈れるいい芝刈り機をみつけたので、さっそく購入する予定です。(手動の芝刈り機はピンキリです。安いものには要注意!)

また、庭の芝生をどこまでメンテし、どのレベルで妥協するかも考えているところです。草を抜きながら、そんなことを考え続けています。昔から雑草が大好きなので、思いきって雑草芝生にして芝と雑草の共存で行くか。それを選ぶと土地に張り詰めている根もいつか雑草に駆逐されてしまうかもしれません。それなら芝だけでなく、この庭のすべてを丸ごと雑草ガーデンにするのもいいかなど、大胆なアイデアもその一つです。しかし、それはそれで収拾がつかなくなってしまいそうでチョット危険です。結局、シーズン中は陽射しを避ける時間帯にせっせと手作業で除草や芝刈りをするしかないなと思います。今までお任せで来すぎたことに気付きました。そのことは」反省しました。亡夫はこれらをひとりでほぼ完璧にやっていましたが、今になって、庭だけは頑張っていたんだなぁと判りました。

雑草も可愛いものですよ。(まだ雑草で引っ張るね)他の植物と同様に可愛い花を咲かせるものが多いです。それなのに憎まれてすぐに抜かれることに同情しています。でもかれらザッソーは負けません。昨年から今年の初めにかけての裏庭工事で、裏庭はすべての雑草が無くなりました。けれど今また新たな雑草が出てきました。どこかから飛んできた種が着地したのでしょう。フキの群などは何故また出てきたのか不思議なくらいたくさん元気よく生い茂ってきました。裏庭のフキ畑のフキは全部プランターに移してもらったのに。しかもそれらがあった場所は2メートル以上も掘って土出しをしたのに、下の方からまた小さな葉を出して徐所に元気に大きくなってきました。ちなみに雑草の本を開くと、かならずフキが登場します。フキも雑草なんですね。これです。‘荒れ地を生き伸びる『ルデラル』な生き方’とは。(最近読んだ本です) 逆境に遭えば別の道を探ってゆっくりと再始動。これが植物の生き方です。打たれ弱い人間という生き物には学ぶところが多くあります。

私の人生にも何度かのピンチが訪れました。しかし何とかなったから今こうして居るのです。あまりに大幅な料金改定には業者さんの意図をはかりかねる部分がありますが業者さんにも事情があるのでしょう。この10年間、良心的な価格での御請求でした。何度か私は値上げを申し出てきましたがそれを飲まず、このたびドカンと来ました。むろんその金額ではもう頼めません。とはいえピンチです。このピンチをどう乗り切れるのか考えたいと思います。まずは芝や木々について学び、出来ることは自分でし、出来ないことは身内やプロの手を借りるなどし、さしあたり芝や敷地内にある木々について学び、メンテの知識を身に付けたいと思います。芝を守りながら雑草を減らす薬剤などもあるようです。とにかく勉強します。がんばろっと。

ピンチと言えば稀勢の里は連日、懸命の土俵です。存分に練習できなかった左肩の筋肉がとれてしまい、右肩に比べると左が下がっています。それでも得意の左差しを試みる姿にウルウルです。初日には本当にもうやめてと思いましたが、本人は横綱としてあるべき姿でありたいと必死の闘いです。勝つごとに、まるで優勝した時の様な割れんばかりの拍手です。先日の遠藤戦は残念でしたね。最後まで気を抜かないことを学んだ勝負でした。ガンバレ稀勢の里。日本じゅうが応援しています。さぁ、私も頑張らないと。草抜きもろもろ庭のこと。その他のこと。前へ進めば何事も解決策が見えてくるはず。進まなければ何も見えません。

封書が届いた日にはショックで意気消沈してしまいました。はるかちゃんがそれに気付いたのか、そばに居てしきりに腕や手の甲を舐め続けてくれました。まるで母親です。ありがたいなぁホント。只今そばで眠っています。一日のほとんどを眠って過ごすはるか婆ちゃんです。=^_^= 彼女もルデラルな生き方でここまで生きてきましたね。

暑い一日になりそうです。大阪の予想最高気温は30度。(*_*) 
右近庵は大阪市内ではないので27度の予想です。
お休みの皆さん、よい週末をお過ごしください。
お仕事の皆さん、頑張ってください。
それでは皆々様、ごきげんよう。         右近

|

« 一勝した稀勢の里 | トップページ | サビ猫のはるかですが何か?(No4)「はるか的日常」 »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/65304033

この記事へのトラックバック一覧です: ‘ルデラル’で行こ。芝生のことやら稀勢の里やら:

« 一勝した稀勢の里 | トップページ | サビ猫のはるかですが何か?(No4)「はるか的日常」 »