« 『My桜』<その2> (4年目以降2011~2016) | トップページ | 一勝した稀勢の里 »

2017年5月14日 (日)

鳴呼、稀勢の里

こんばんは。夏場所が始まりました。不安を抱えての新横綱、今日は嘉風に完敗でした。この先どうなるのか心配ですね。そもそも骨折や筋肉の断裂などの大怪我は50日少々で完治は無理です。私はこの場所は休んで欲しかったのですが…。横綱としての責任を感じているのでしょうね彼は。

左腕が使えない相撲で、どこまで横綱相撲がとれるものやらと思いますね。先場所の神がかり的な2日間の勝利が叶ったからと、治りきらない腕でどこまでいけるものでしょう。数日間やってみてダメならば、休場して治療に専念することが今後の為にもいのでは?15日間の長丁場で、更に悪化させる可能性は大です。右腕や下半身を使っての相撲とはいえ、どうしても左腕にも負担がかかるでしょうし、思いきって休んで完全復帰することを私は望みます。

観る方も心配で仕方がないという横綱より、私たちは本来の強い横綱が観たいのですからね。まずは治す。そうしなければ怪我が長引き、横綱生命が危ぶまれることになりかねません。休場しても誰も文句は言わないでしょう。彼の気持はわかりますが、時にはいったん引くことも大切です。致命傷となって短い横綱に終わることだけは避けたいです。

こんな時、先代の親方、隆の里なら何と言うでしょう。瞑想し、先代親方と対話をしてください。貴方が相撲を取りたい気持ちも、責任感の強さもみんなわかっています。しかし今はとにかく治して欲しい。熱烈な相撲ファンの私はそう思っています。皆さんもそう思うでしょ?

Dscn9657_512

本日の横綱土俵入り。「東の横綱」だからと気負わなくていい。今よりも今後のことを考えて欲しい。怪我を治せば今の相撲界で貴方に敵う力士は誰も居ない。その自分を信じて欲しい。強い稀勢の里が復活するまで私たちはいつまでも待つ。とにかく怪我を治して欲しい。 右近

|

« 『My桜』<その2> (4年目以降2011~2016) | トップページ | 一勝した稀勢の里 »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/65279952

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴呼、稀勢の里:

« 『My桜』<その2> (4年目以降2011~2016) | トップページ | 一勝した稀勢の里 »