« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

ただいま不調なり

ご訪問ありがとうございます。
只今、右近は体調がすぐれません。元気になれば出てまいります。
一年で最も暑さがこたえる時期です。お気をつけて元気にお過ごしください。
                                             右近

| | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

わっ、今日もたくさんのお客様 <誕生日に寄せて>

皆さん、こんばんは。あれ、2355みたいになってしまった。
ゴキゲンいかが 2355の時間です♪という午後11時55分からの5分だけの番組。私は毎晩それを見てから電気を消して眠ります。今日は火曜日だからどこかの猫さんが出演する日です。
ところで驚いています。このところアクセスが多いのです。少し前に気が付きました。多いと言っても小さなwebsiteですから、かわいらしいものです。でも通常の2倍とか3倍にもなると、どうしたのかなぁと思ってしまいます。長くやっていると、こういう現象は時々ありました。ある日、突然に驚くようなアクセス数に目を丸くすることがあるのです。原因はよくわかりませんが、PV(page view)という所を見ると、アクセスが集中しているページが分かります。この度はどうやら相撲のようですね。本日は『恥を知れ かちあげ横綱白鵬…』というチョット過激な件名をつけた過去の記事のようです。

相撲に限らず、洋楽の訳詞&YouTube、料理、洗濯ものの干し方といった超日常生活に関する事柄を書いたページが、何コレ~!となるほど閲覧されていることもありました。恐らく大きなsiteを運営されている方が紹介して下さったか何かだろうと思いますが、年に何度も「何コレ~!」と驚く日があります。今日もそんな一日なのでしょう。しかし料理へのアクセスが多く、昨年の大晦日には驚きました。今までの最高記録でした。私は昔ふうのおせち料理を過去に掲載しており、いつも年末に見に来てくださいます。今日はハクホーさんのページと、いつもよく閲覧されている洋楽のページのようです。ふぅん…。へぇ…。

もうひとつ驚いていることがあります。ココログは月末近くになると、訪問者様の年代別円グラフが表示されます。私が望まなくとも勝手に表示されるのです。なぜそんなことが分かるのかなぁと不思議な気がしています。今日またそれが現れ、驚いたことがあります。な、何と10代の皆さんの御訪問が33%といちばん多いのです。驚きましたね。今までは30代、40代の皆様が半数以上を占め、10代は少なく、50代以上の皆様は1%にも満たないのが普通でしたが、世代が近い皆様も3%ほどがお越しです。お若い皆さんが面白いと思って下さる何を私が書いているのか分かりませんが、嬉しいことです。その年代の皆さんは、センセイ時代、最も私が得意とする世代でありましたゆえに。英語必勝法でも伝授いたしましょうか?(笑)

御承知のように私は健康体では無いため、更新もままならないブログです。語る範囲も収拾がつかないほど広がってしまいました。一度、記事の整理をしなければと思いつつ、なかなか実行できない有様です。この『右近トーク』は前身の『メッセージボード』として2002年にスタートし、その後はブログへと移行し、今日まで細々と語り続けて15年が経ちました。長くやっていますね。長さだけは、たいていのブログに負けません。(笑) その間、私にも様々なことが起こりました。けれども辛いときにも書くことで、読んで下さる方々が居られることで、私の悲しみや苦しみは緩和されてきたと思います。最初からずっと読み続けて下さっている皆さん、新しく訪問して下さるようになった皆さん、何かの検索で一度きり訪問して下さった皆さん、時々お越し下さる皆さんなどなど、すべての皆様に感謝しています。ありがとうございます。

今日は何?妙に改まって…と思いましたか。それはね、
It's my Birthday today!であります。はい、今日で節目の年に達しました。
以後は白髪染めは辞めようと考えているところです。ロマンスグレーを目指し、中身もそれなりのシニアになりたいという思いを新たにした次第です。天国の母に感謝する一日を過ごしました。

皆さん、ありがとう。皆さんとの御縁を嬉しく思っています。
どこまで継続できるかわかりませんが、今後ともよろしくお付き合いください。
それでは皆さん、ごきげんよう。 おやすみなさい。   右近 wine

| | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

“Forever大関魁皇1047勝”

元・魁皇関(現・浅香山親方)が以下のようなことを語っていました。
自分たちの頃は勝ち星の数など意識することはなく、頭になかった。より多くの勝ち星をと思うことも目指すこともなかった。一番一番を重ね、気が付けば1047という数だった。そのことすら今では忘れていたところ、この度、思いがけず皆さんに自分のことを思い出していただき恐縮している。自分とは比べ物にならない白鵬にとって、自分の数字は単なる通過点に過ぎない。

 どうですか。シビれませんか皆さん。美しいほどの謙虚さです。どんな勝ち方でもとにかく白星の数をとガツガツ望む白鵬とは雲泥の差の精神性です。千代の富士だって勝ち星の数など頭になかったと思います。日々の勝負に懸命に、横綱らしく、大関らしく素晴らしい相撲をと頑張って来た単なる結果でしかなかったのです。数字ばかりを求め、横綱とは思えない汚い相撲で勝ち星を増やし続けてきたハクホーさんとは全く異なります。☆の数より内容。それがかつての力士たちの当たり前の心意気だったのです。内容はともかく勝ち星を重ねたいなどという考えはハクホーが生み出した唾棄すべき邪道だと考えます。お手本を示すべき横綱がこれではどうしようもありません。

 私は今、あれほど好きだった相撲から離れたい気分です。私の周りの昔からの相撲ファンにも今場所は見る気がしないという人たちが少なからず居ました。マスコミにも、観衆にも、白鵬への苦言をいっさい封じるようになっている解説の親方たちにも、NHKのアナウンサーにも私はいたく失望しています。この何ともおかしな白鵬賛美の現象を生んだ理由はいくつもあります。彼らには苦言を呈することができないそれぞれの理由があるのです。それらはまた気が向けばきちんと書いてもいいなと思っています。しかし私ごときが何を書いてもこの風潮を、もはや止めることなど出来ないので、書かないかもしれません。病弱ゆえ費やすエネルギーが惜しいですからね。

 魁皇が引退した時、本当に寂しかったです。世の中に‘魁皇ロス’が広まりました。本当に素晴らしい力士でした。私の中では今も通算の勝ち星数は魁皇が一番のままです。今日1050まで伸ばしたというハクホーさん。横綱らしからぬ汚い手を使って得た多くの勝ち星は、ここ数年で50番でおさまるものではありません。したがってハクホーさんはまだ1000勝にも届いていないというのが私の認識です。一位は依然として魁皇関の1047勝です。‘Forever 魁皇 1047勝!!’


相撲のページにたくさんのアクセスをありがとう。
同じ思いの皆さんが多くいることを知り嬉しく思います。

 秋田では豪雨の被害が出ています。心配です。今後も新潟県、北陸、東北南部に大雨予想が出ています。それらの地域の皆さん、お気をつけ下さい。

西では相変わらずの猛暑です。
明日からまた頑張ってください。 

それでは皆さん、ごきげんよう。          右近     

| | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

『恥の横綱』白鵬 暴力相撲はもうやめろ!  

『ボクシング相撲で記録達成 白鵬“勝てば官軍”に好角家苦言』

 
 これが大記録を達成した横綱の相撲なのか。
 12日目の玉鷲(32)戦に勝利し、魁皇(現浅香山親方)の持つ歴代1位の通算1047勝に並んだ横綱白鵬(32)。記念すべきこの日の相撲はしかし、とても褒められたものではなかった。立ち合いで左の張り、右のかち上げと普段通りの荒っぽい相撲を仕掛けると、「勝てば何でもいいんだ」と言わんばかりに左右のワンツービンタ。玉鷲を流血させた末に、最後は寄り切った。

  好角家の菅野宏三氏(ビジネス評論家)は「『これが横綱だ』というものが何もない、ひどい相撲でした」と、こう続ける。
「確かに玉鷲は勢いのある力士だし、前日に土がついた白鵬も連敗したくなかったのでしょう。ただ、そうだとしても受けて立つのが横綱の相撲じゃないですか。この日の相撲は、まるでボクシングですよ。そもそも、横綱とは数字だけでは語れない存在のはず。かつて大横綱と呼ばれた人たちは、王道の横綱相撲を取っていたからこそ尊敬された。土俵上でムキになって相手にビンタなんて大鵬は1決してやらなかった。白鵬は大鵬を尊敬していると言っているようですが、ならば相撲の取り口自体も見習ってほしいものです」

 かつての白鵬は、盤石の横綱相撲を取っていた。それが体力の衰えと共に、相撲内容も下品に。立ち合いのエルボー、張り差しなど、「勝てば官軍」と言わんばかり。ダメ押しが問題になったことも数え切れない。
 粗暴な取り口に閉口したのか、中継するNHKのアナウンサーでさえ、「横綱の相撲というものもありますが……」と言いかけ、その後の言葉をのみ込んだほどだ。
 支度部屋では、「昨年はケガで苦しんだ時期もあった。うれしさがひと味もふた味も違う」と話した白鵬。この日、これまで消極的だった日本国籍取得にも前向きになっていることが明らかになったが、親方になっても汚い相撲を弟子に叩き込むことになりそうだ。

 

                                       7月21日Nifty Newsより

| | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

猫はもっと暑い (はるかトーク)

Dscn9783_512_3

猫好きの皆さん、ご無沙汰いたしました。サビ猫はるか(20歳)です。
昨日の大阪の気温は35.5度でした。全国で最も高かったようです。今日も強い陽射しです。
人間は皆さん暑そうですが、猫はもっと暑いです。夏も毛皮を脱ぐことが出来ないのですから。

わたしの寝る場所はいくつかあります。ここもそのひとつです。はい、飼い主が寝ているベッドの足の方です。昼間は庭の木陰を求めて涼しい所で寝ていますが、夕方、家に入ってからは、風の通り道に置いている「猫の爪とぎ』の上か、ここで寝ています。わたしはエアコンが好きではないので、ついている時はここにいません。扇風機の‘そよ風’モードだけの時、私はここで‘そよ風’に当たるのです。そして眠ります。

暑くなると飼い主は毎年、散髪をしてくれます。わたしはそれが大好きで、チョキチョキやってもらっている間、おとなしくしています。チョキチョキの後はスッキリして、とっても涼しくなるからです。私はこんな模様なので、ガタガタに切っても目立たなくていいや、と飼い主は言いながら切ります。その通りで分かりにくいかもしれませんが、首の周りや後頭部の毛をずいぶんcutしてもらい、気持ちよくなりました。まだまだ飼い主は切るようです。背中とかシッポとか。何処へも行かなくなった100歳のわたしです。あたりには殿方が居なくなって会うことも無く、ガタガタに切られても平気で涼しい方がずっとありがたいです。

これは昨夜、飼い主に撮られたものです。せっかく御飯のあとの洗顔をしていたのに、またカメラを向けられて…。ニガテなんですよね、カメラ。「いい子だね」と言われて少しだけじっとしてあげたら、撮ったあと飼い主は大喜びをし、「ありがとう。いい子だったね」と、頬にキスしてくれました。後ろのクッションは亡き息子に似ているからと飼い主が海外から購入し、大事にしているものです。クションという正方形の事情で仕方がないこととは知りつつも、彼はもっと耳が立派だったんだけど…と言いながら、抱っこしては彼と話しています。もちろんわたしにも、これは息子に似ていると見えています。ホラとクッションを差し出されると、わたしは目を細めるのだそうです。彼は飼い主にもわたしにも、とっても可愛くて大切な存在でした。

昨日、広い地域で梅雨が明けました。今日は右近庵もカラッとした夏の天気です。
熱中症に気をつけて、お元気にお過ごしください。
それでは皆さん、ごきげんニャオ! =^_^= sun  猫のはるか

| | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

『大横綱千代の富士』万歳!<同じ数でも中身が違う☆の数>

こんばんは。連休の最終日ですね。お仕事だった皆さん、お休みだった皆さん、被災地でボランティア活動をなさった皆さん、お疲れ様でした。

相撲は稀勢の里や鶴竜、照の富士や遠藤も休場で今ひとつ盛り上がりませんね。今日はハクホーさん、千代の富士に白星の数が並んだと有頂天。千代の富士が逝って一年の特集で、現役時代の素晴らしい相撲を久しぶりに観ました。白星の数が同じでも、相撲の中身が全く違うし、精神も違います。かつての名横綱が立ち合いで変化したり、たびたび肘で相手の顔面を強打して鼻血を出させたり、脳しんとうを起こさせたり、そんな横綱はひとりとしていませんでした。綱に誇りを持ち、いつだって素晴らしい勝負を見せてくれたものです。千代の富士、よかったですね、ロンドンのタッソーミュージアムに行った時、千代の富士の蝋人形があってすごく感激しましたよ。彼の強さはイギリスにも知れ渡っていたのです。なつかしい思い出です。

マスコミも記録だ記録だと言い過ぎで、アレおかしいですよね。どんな内容でも勝てばいいんだという気持ちが垣間見られる情けない横綱ハクホーさんです。特に前回に負けた相手や、すこし厄介な相手だと決まって卑怯な手で白星ゲット(^_-)です。今場所も正代や嘉風相手の相撲は横綱相撲とは程遠いものでした。初めて読む皆さんのために再度言いますと、そういう相撲は横綱の名に恥じるからやめなさいと言える師匠(親方)に恵まれなかったことが、このような卑怯な手をよく使う‘大横綱’を生んだのです。美しい相撲道を極めることなく、これほど内容よりもひたすら‘勝ち’にこだわる横綱を私は知りません。美しくないですね。それは真の横綱になれないハクホーの不幸です。記録作りが頑張る源になっているのでしょうかね。美しい横綱相撲よりも。おそらくね。

相撲ファンがふえているのは嬉しいことですが、私のような昔からの相撲ファンには記録記録と本人や回りや世の中全体が言うことに如何なものかと思ってしまいます。美しい相撲、みごとな技で強い相撲をいつも見せてくれる横綱こそが本当の立派な横綱です。これまでの皆さんの知る横綱たちの中で、誰がこれほど価値だけにこだわってみっともない相撲をこんなにも取りましたか?誰が記録達成なんて口にしたでしょう?そんなことより立派な横綱相撲で相手を負かして観客を喜ばせるのが本来の横綱でした。恥ずかしい取り口もアリですよっ(^_-)の大横綱はハクホーさんだけですね。そういう意味では新しいタイプの、別の‘大横綱’かもしれません。最近、私は彼の出る所でテレビを切ることがあります。嫌な相撲を観たくないからです。

久しぶりにハクホーさんでボヤきましたね。あとは魁皇の記録を抜くんですとさ。横綱でなくとも、誰も記録の為に相撲を取った力士は居ませんでしたね。一日一番のいい相撲。これを黙々と続けてきて、結果として記録が出来たと知らされ、本人が一番ビックリするといったことが普通でした。「記録」のために張り切る横綱なんて居なかったね本当に。時代も変わりましたね。稀勢の里も鶴竜も居ないし、日馬富士は今日も黒星だったから、ますますやる気のハクホーさん。絶好調ですね~。優勝のチャンスですね~。どうぞ、好きにおきばりやす。←「頑張ってください」の意。記録の☆のうち、いったい、この記録狙い横綱は、いくつの汚い相撲を取って☆数を重ねて来たのだろうと、アンチ白鵬の私は考えてしまいますよ。はい。ご存じですか?ネット界にはアンチ白鵬の皆様がほんにたくさんいらっしゃる。^_^常に横綱相撲を取れば以前のように私も応援してあげますが、もう無理でしょう。精神の堕落は簡単には回復できないものですからね。

ところで稀勢の里です。せっかく横綱になれたのに試練の時期が続きますね。だから言わんこっちゃないと思いましたよ。場所前の稽古で痛そうに顔をしかめていましたからね。左の腕やら肩やらまだ痛んでいたのでしょう。左半身に無理をさせるから足首までも傷めてしまって。此処でも親方にモノ申す右近です。親方としては若すぎる田子の浦さん。いつも本人が出たいと言っているからと答えていましたが、これってどうでしょう。本人がそう言っても、そこを見極めて判断するのが親方の役目です。不安を抱えての場所入りは横綱はダメでしょ。今後は判断を誤らず、本人任せにせず、正しい決断を親方に望むところです。場所前に、相撲をよく知る人は皆、無理だと言っていましたよ。ほらぁ。ちゃんと治して強い横綱相撲を見せてくださいね、きせのん。いつまでも待っています、みぃんな。

今日は体調がよくなく寝ていました。起きてきてさんざんボヤいてしまいましたが、そろそろベッドに戻ります。あ、そうだ。更新の時間も以前のように分かる設定にしましたよ。お気づきかと思いますが。このブログに関してのことは、またお話しします。今日で1712番目の記事です。いよいよ収拾がつかなくなってきましたね。気ままに喋りすぎまして。(-.-) うむ。

明日からまたお元気に頑張ってくださいね。
それでは皆さん、ごきげんよう。
おやすみなさい。  右近

| | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

2017・7月豪雨 福岡県への義援金・寄附金はこちらから

被災地でも厳しい暑さのようです。避難している皆さんの健康状態が案じられます。
ボランティァ活動される皆さんも、体調管理をしっかりなさってください。

 ◎ 福岡県への義援金・寄附金はこちらから←クリックしてください。cat

 皆様の温かい御協力をよろしくお願い致します。      右近

| | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

2017・7月豪雨 大分県への義援金・寄附金はこちらから

九州北部豪雨により甚大な被害があった大分県が義援金・寄附金を募っています。
県では「義援金」は被災した皆さんへ分配され、「寄附金」は復興のための自治体への寄附となります。

皆さまの温かいご協力を宜しくお願い致します。

◎大分県への義援金・寄附金はこちらから←クリックしてください。cat

| | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

「穏やかに過ぎゆく日常」こそ

皆さん、おはようございます。
私は回復してきました。まだ完全ではありませんが、ここ数日で悩まされていた痛みが改善され、少し動けるようになりました。座れるようになったので募金のお願いの記事が書けました。御協力よろしくお願い致します。

今日、大阪の最高気温は36度予想です。朝から強い陽射しです。かと思えばじきに曇ります。曇っても湿度が高いので蒸し暑さがあります。先ほど久しぶりに庭へ出ると、クチナシや桔梗がたくさん咲いていました。甘い香りをあたりに漂わせる白い大きな花のクチナシ、紫、薄桃、白の花々をつけた桔梗。白、紫、ピンクの紫陽花たち。「よかったですね」と花々に言われ、つい「ありがとう」と私。世話が出来なかった間に、雑草が生い茂り、蜘蛛の巣が張っている所があちこちに。

動けるようになると幸せを感じます。動けても健康な皆さんの五分の一にも満たない活動量だけど、動けることにありがたさを感じます。庭に出てみて、元気でないとこの子たちの世話がちゃんと出来ないことを痛感。体調を崩さないように気をつけなければと改めて思いました。でも崩れる時はみごとに崩れちゃう。きっとこれからも。(-.-)

こういうことにならないための対策としては無理をしないのひと言に尽きます。無理はするために在る言葉だなんて思ってはいても、ダメですね。やはり無理は禁物です。しかしその時には無理をしている意識は無く、ケッコウ動けてるやんと自分を見直していたりして。崩れてきて初めて「ちぃと頑張り過ぎたかな」と反省する始末です。今回は先月の22日頃から具合が悪くなったので三週間かかりました。これ、まだ早かった方です。感謝しなければ。

クチナシの花言葉のひとつに「私は幸せ者」というのがあります。痛みや苦痛から解放され、こうして日常に戻りつつある時、いつもこの言葉を噛みしめます。「幸せ」の定義は人それぞれでしょう。私にとっての幸せは「穏やかに日常が過ぎゆくこと」です。苦難に出逢った人たちは「穏やかに過ぎゆく日常」がいかに素晴らしいものであるかに気付かされます。争いや災害は絶えることがありません。九州北部の被災地の皆さんは大変な状況に直面しておられます。被災した皆様に、早く「日常」が戻ることを祈りながら、私に与えられた日常を丁寧に生き進みたいとあらためて思った今日の朝です。

今日、雨の激しい地域の皆さん、暑さが厳しい地域の皆さん、お気をつけて今日一日を過ごしてください。
まもなく午前十時です。それでは皆さん、ごきげんよう。     右近

| | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

2017九州北部豪雨災害緊急支援募金 『Yahoo!基金』他

◎ 『Yahoo!基金』ほか支援募金募集中 ←クリック!(^_-)

クレジットカードでの寄付のほか、Tポイントでの寄付も可能です。
皆様の温かいご協力をよろしくお願い致します。        右近

| | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

九州北部大雨 義援金募集 『日本赤十字社』

九州北部での大雨では甚大なる被害が出ています。息をのむ光景に言葉もありません。尊い命も失われ、未だ行方不明の方々もおられます。
同じ国に住む私たちにとって、どんな形であれ何らかの支援をするのが義務だと私は思います。現地では今日も大雨だということです。心配です。皆さん、何卒ご協力を宜しくお願い致します。   

 ◎ 『日本赤十字社』 2017九州北部大雨への義援金はこちらから (←クリックして下さい) 開きますと右サイドバーの赤く表示された「7月5日からの大雨」の部分をクリックして進んでください。

銀行や郵便局の窓口から、ネットバンクから、クレジットカードなど、いずれの方法でも寄付が出来ます。ネットから入金するには赤十字社の場合、まず登録をします。今回限りの協力も可能です。金額は自由に決められます。どうぞ皆様の温かいご協力、よろしくお願い致します。 右近       

| | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

復帰に時間がかかります。

いつもご訪問ありがとう。
もう少しでよくなると思っていましたが、別の問題も発生し、回復まで時間を要します。元気になれば出てきます。ごめんなさい。

九州での豪雨による大災害に心を痛めています。
人命も失われ、甚大な被害が出てしまいました。
映し出される光景は信じがたいほどの恐ろしさです。
これ以上、被害が大きくなりませんよう切に願っています。
                                         右近



| | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

A Little Bit More (あと少し)

Thank you for visiting today.                   今日もご訪問ありがとう。

Everything is getting better one by one.   なにごとも少しずつよくなるもので。

A little bit more.                              あと少し。

See you.                                           またね。(^^)/   

                                           右近

| | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »