« 台風の置きみやげ | トップページ | やはり横綱 魅せた日馬富士に拍手 »

2017年9月19日 (火)

サンマの不漁について

毎年、この時期にお知らせするサンマのことですが、今年はサンマの不漁により、山岸冷蔵さんも四苦八苦しているとのことです。サンマ船の入港が極端に少なく、連絡をとった時点でまだ一隻だけと言っておられました。そのため私も例年のように、この場から「サンマは大船渡の山岸冷蔵さんへ」とお知らせするのが憚られます。また様子をお尋ねし、その後に皆さんへお知らせいたします。

そもそもなぜ今年はこうも不漁なのでしょう。中国・台湾の大々的な漁のことも話題になりましたが、それが原因になっている訳ではありません。簡単にいえばサンマが集まる海域の水温が高くてサンマが集まらないということらしいです。過去にもサンマの不漁はあったようです。海の様子も魚たちも、毎年おなじではないので仕方が無いことかもしれません。このことについて以下に詳しく述べられています。興味のある方は以下をクリックしてお読みください。

『サンマの不漁 原因と対策』 (視点・論点)より

各地のサンマ祭りも中止となっています。今日ニュースで見たサンマの値段に驚きました。大サンマが一匹490円!これはもう庶民の味などと言えません。私たちに秋の味として親しまれてきた魚です。海の恵みのサンマが戻ってくれるよう願うしかありませんね。

ここでいきなり相撲の話をしますが、豪栄道は強いですね。今日も長年のライバル栃煌山を相手に素晴らしい相撲でした。全勝優勝した時の強さが戻ってきました。よかったなぁ。満身創痍の日馬富士だけに場所を任せるのは酷ですからね横綱は四敗してしまったから、今場所たったひとりの大関である豪栄道が優勝しなければ。

また、今場所は寂しい場所になるかと思っていたら、若手の活躍がスゴイ。皆が場所を盛り立てています。稀勢の里に続く横綱はきっと将来かならず生まれると思わせてくれて頼もしいです。あまり今回は期待していなかったけれど今場所も面白い。あれだけ休場者がいても充分に面白い。あ、また相撲のことを喋ってしまった。今日はサンマの事だけにしようと思っていたのに…。あ、そうだ謎のガラスのことも報告しないと。

昨日の夕方は片付けが出来ませんでした。相撲が終わった午後六時はもう暗くて。それで今日は朝の七時から片づけましたよ。それが大変なんです。そのガラスは強化ガラスで、触れると細かく崩れます。だから下敷きを持ってきて刺激をしないようにして芝の上からすくいます。それでも砕けて破片が落ちます。しかし強化ガラスなんて何処から、どうやって飛んできたのか不思議です。謎ですね。

お隣からでは不自然なので、もっと遠い所から飛んできたのでしょう。どこかの家の窓?それとも車のフロントガラス?私は思わず自分の車ではないかとガレージに行って確かめましたよ。車も窓も右近庵はどこも破損がありません。庭の向こう側は下の方に田んぼがあるだけです。ただ、カラスがすごく啼いて、片付けている私にカァカァと威嚇するように啼いていました。カラスはガラスが好きだというからもしやカラスの仕業?以前、カラスがたくさんの‘おはじき’を一か所に運んで集めていたことがあります。でもカラスにしては量が多いし…。不思議だなぁ。念のため明日の朝も再度こまかいガラス片を拾います。カラスやらガラスやら、ややこしい話をいたしました。

今日も暑かったですね。(今も私はタンクトップに短パン姿。あつい…。虫は鳴いているけれど、あつ…)
皆さんの所では、お天気は如何でしたか?往きつ戻りつ晩夏と初秋がせめぎ合い。
それでは皆さん、ごきげんよう。      右近

|

« 台風の置きみやげ | トップページ | やはり横綱 魅せた日馬富士に拍手 »

お知らせ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンマの不漁について:

« 台風の置きみやげ | トップページ | やはり横綱 魅せた日馬富士に拍手 »