« サンマの不漁について | トップページ | ひとまずお知らせ »

2017年9月25日 (月)

やはり横綱 魅せた日馬富士に拍手

皆さん、こんにちは。ちょっとご無沙汰しました。
昨日、秋場所が終了しました。始まる前も途中からも休場者が続出し、どうなるのかと思っていました。私も書いたように寂しい秋場所でワクワクしないなと感じていたところ、若手や中堅どころの力士たちの奮闘に、毎場所と同様に楽しく観ていました。白熱の勝負が多くありました。初戦に★だった豪栄道、それ以後は好調で期待を担いました。三日目から横綱日馬富士が三連敗を喫し、ここは昨年の秋場所の同様に豪栄道の優勝を予想した人は多くいたでしょう。日馬富士はさらに一敗し、これはもう豪栄道だという大方の予想は確信に近いものとなった矢先、今度は豪栄道が平幕に敗れる二連敗。ここで日馬富士のスイッチが入りました。俺は横綱なんだ、ここは優勝を狙うぞという強い意思が芽生えたのはこの時でした。

こうなると星ひとつリードしていた豪栄道は、すぐ後ろから追われる立場になりました。追われる立場と追う立場。我武者羅に行けるのは追う立場の方です。こうなれば強いのが日馬富士。力士の中でも抜群の集中力と、負けん気の強さをもった彼です。ひとり横綱として責任を果たそうとメラメラと炎が燃え始めたことでしょう。本割で豪栄道が勝てば優勝、日馬富士が勝てば決定戦へ。観客がもっとも喜ぶ方向へと進んでいきました。

この時点でというよりも、私は本割で七割くらいは日馬富士が勝つだろうと思っていました。それは気迫の違いです。顔つき、体のつやなど、総合的に両者を見て、日馬富士の方に気迫の凄さを感じたからです。連勝中の豪栄道にもそれがありましたが、連敗以後、貴ノ岩戦では圧倒的な強さを見せたけれど、千秋楽の表情は何とも頼りなさげでした。片や日馬富士は燃えていました。痛い箇所だらけの彼は、おそらく痛みなど感じていなかったでしょう。横綱の責任を果たさなければという気持ちは自身の優勝回数を増やすこと以上に彼の中にあったと思います。ひとり横綱対ひとり大関の闘いには双方の強い気持ちがありました。ともに優勝から遠ざかっている横綱と大関です。

本割であっけなく勝負はつきました。いつもよりさらに低い姿勢での‘突き刺さるような’立ち合いに、豪栄道はひとたまりもありませんでした。なすすべなく土俵際まで押されて完敗です。すぐに両者は控室に戻りました。これはやめておいてあげればどうかと思うのですが、その様子をカメラは執拗に居りかけます。意思の強い横綱にはこたえないかもしれないけれど、豪栄道ではなくてもそのことで気が散らない力士はいないのではないかと思うからです。力士のことうを想うなら、NHKさんはこれをやめては如何でしょう。力士たちに万全で土俵に向かわせてあげたいですね。集中させてあげて欲しいです。

映し出された二人の様子は正反対でした。豪栄道は髪を結い直してもらったあと、弟子にマッサージなどしてもらい、特に何かをするということはありませんでした。一方の日馬富士は髪を直したあと、同門の照強(てるつよし)指名して立ち会いの稽古を数回しました。相変らずの低い姿勢での力強い立ち合いです。もう勝負は決まった。そう確信しました。僅かな時間を少しでも有効に使って準備する横綱と、頭の中は見えないけれど、飄々とした表情で早々に控室をあとにした豪栄道。この時に私は彼の心を考え、同情しました。彼の親方の境川さんは今年は九州場所の担当で、場所準備のためこの時期には運悪く東京に居ないのです。昨年もそうでした。境川親方は九州で感涙したということでした。もしそばに親方がいたなら…と思うと残念でした。でもそんなことを言っていられないのです。

果たして決定戦でもまったく同じような内容で日馬富士が豪栄道を圧倒しました。舞の海さんが言っていたように日馬富士は低い姿勢で来るに違いないから、その対策を考えればよかったのですが、恐らく追われる立場の豪栄道は、もはや気持ちを高めることができなかったように思います。本割と同じような内容で、あっけなく負けた大関でした。横綱日馬富士の強い気持ちとここ一番の集中力、立ち合いでの抜群の破壊力が勝りました。

ご心配なく。大阪の力士が優勝できなくても私はガッカリなんかしていません。いい勝負を日馬富士に見せてもらいました。それに比べて豪栄道の今後の課題は引き続き精神力ですね。これさえ育てば悪評の立つ苦し紛れの‘ハタキ’や‘首投げ’など大関らしからぬ小手先の技でなく、真の強い大関になると思います。もちろん今場所も応援していましたよ。でもなぁ…という感じでした。さすが日馬富士。あっぱれ横綱。彼の人格の素晴らしさや優しさはは人々が認めるところです。昨日も負けた豪栄道の背中をポンポンと二度ばかり軽く叩いて彼をねぎらいました。いいね、日馬富士。「安馬」(あま)時代から大好きでした。真っ向勝負。全身全霊。それを実践する横綱です。おめでとう日馬富士。そして豪栄道。もっともっと「考える」ことをして欲しい。強い心を育てて欲しい。同じことを繰り返すところに限界が早くやってきます。貴方は本当はとっても強い大関なのですよ。みんな期待しています。頑張れ豪栄道!

今日の大阪は夏日で朝から強い陽射しです。最高気温は30度とか。
それで今、尚も私はタンクトップにリラコです。(夕方には長袖になります。ご安心を)
今週の後半から西日本にもようやく秋が訪れるとか。今日も蝉たち秋の虫の饗宴です。
一週間のスタートですね。どうぞお元気でご活躍ください。
それでは皆さん、ごきげんよう。       右近

|

« サンマの不漁について | トップページ | ひとまずお知らせ »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/65835010

この記事へのトラックバック一覧です: やはり横綱 魅せた日馬富士に拍手:

« サンマの不漁について | トップページ | ひとまずお知らせ »