« 親方間にある複雑な裏事情との関連 | トップページ | 「白鵬黒幕説」を検証する »

2017年11月22日 (水)

これが大横綱?呆れる態度の白鵬サン

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
相撲の場所中は、それ中心に暮らしている私ですが、今場所はまた横綱がひとりになったし、暴行事件のこともあるし、いつもほどワクワクもしないけれど、やっぱり熱心に観ています。ニュースでご存じの皆さんも多いと思いますが、また、かの‘大横綱’さんがやってくれました。

結びの一番で対戦相手は尾車部屋の嘉風。今場所は少し元気がありませんが、いつも真っ向勝負の人気力士です。私も大好きです。この嘉風との今日の一番で、とんでもないことを‘大横綱’サンはやってくれましたね。制限時間いっぱいになり、両者が見合って先に立ったのが白鵬。例によって相変わらずの‘張り差し’でした。一瞬、遅れたかように見えた嘉風もすぐに立ちあがって正面から向かっていきました。と、その時、白鵬が呆気なく後退して土俵を割って負けました。行司の軍配は嘉風に上がりました。ご当所力士の嘉風の勝利に会場は歓声で沸き返りました。

その時です。負けた白鵬が土俵下で右手を上げてアピールしたのです。勝負は不成立だと言うのです。行司は立ち位置を崩さず、審判の親方衆も誰ひとりとして白鵬の主張に応える人は居ませんでした。それでも何か言いながらその行動を辞めない白鵬に、アナウンサーも「大横綱が、これはいけません」と何度か言い、微動だにしない審判員の親方衆に、ようやく諦めた白鵬サンは土俵に上がってしぶしぶ結びの一番を終えました。その時間、約一分間でした。

「心・技・体」を横綱らしく保つことができない彼を元より私は大横綱などと思っていません。今日も「ほら、また出た、品のない所が」と嫌な気持ちで観ていました。すぐに各ニュースで報道されました。しかし、このような態度を横綱がとっても、強く注意する人が今の角界に居ません。八角理事長はまるで白鵬に甘くてダメです。部屋の宮城野さんも白鵬に頭が上がらないのです。別に自身の最高位が前頭十三枚目であっても、今は親方なのだから、しっかり注意しなければならないのに、無理でしょうね。いつもモゴモゴ言っているだけです。あぁ、天国の北の湖さん、こんな時、貴方ならきつく叱責したでしょうにしょうに…。横綱なのに‘猫だま’しをした時に、貴方は厳しく注意をして下さいましたね。猫は好きですよ私は。でも横綱の猫だましなんて聞いたことも見たこともありません。それに本物の猫だって貴方になんぞ騙されません。

それでも相撲ファンは喉元過ぎれば熱さ忘れるのか、メディアでは叩かれても客たちはブーイングを表す訳でなし、この国だから大切な伝統の相撲を汚す行為をしても許されているというところがあると思います。白鵬は今まで、どれだけ品格に欠けることや相撲をしてきたでしょう。私はそれらを忘れることなく記憶しています。朝青竜や日馬富士のように暴行事件で引退や危うい状況に陥ることはあっても、いくつもある横綱にふさわしくない相撲や行為は積もり積もっても、品格に欠けるからと評議員会にかかることは無いのです。甘いね、この国は。その辺も厳しくしないから大横綱サンはやりたい放題なのです。こうして美しい横綱の精神が、どんどん壊されていくのです。宮城野がたよりなければ、八角がたよりなければ、評議員さんたちが締めてくださらないと、ほんとにこの先、相撲の‘美’は完全に崩壊するのではと危機感を持ちますね。強いだけがいいのではなく、記録なんか目指すのも相撲では無く、その日の真剣な一番を、横綱は横綱らしい相撲で客に喜んでもらわなければならないのです。

ところで貴乃花親方は貫くつもりですね。頑張ればいんじゃないですか。応援したくなっていますよ私は。池坊サン。もう少しマシなこと言えないのかな。貴乃花親方がもっと早く出てきて理事会に言えばどうにかなったのにと。平和なお方です。うやむやにされるのが嫌だから貴乃花親方は無言で頑張っているのでしょ。池坊サン、あの方が、ぎ、議長!?な、なんで…という感じですね。明るい所で正論だけしか言わない人間には、どんな「長」にもなれないし、なるべきでないと私は思いますけどね。今回の裏には理事会や親方たちとの確執から、貴乃花親方が誰も信じられなくなっていることが背景にあるのを知っているでしょ?

ただね、長引かせると可愛い一番弟子の貴ノ岩に相撲を取らせてやれない状態が続きます。どうでもいいかもしれないけれど日馬富士も然りです。弁護士さんと相談しながら進めていくのでしょうが、貴乃花部屋が孤立無援の状態になることは避けた方がいいと思います。一門の親方たちも、批判的に見始めているようですから。貴乃花親方は、相撲以外は不器用ですね相変わらず。そこが貴乃花の魅力でもあるけれど。そうそう、この事件、「白鵬 黒幕説」がネットに氾濫しています。実は私も発生後すぐにそのことを考えました。いろいろ不自然な点があるものですからね。うん、怪しいかも…。(-.-)

私は次も人間に生まれてきたら、ずっと漁師になりたいと思ってきたけれど、相撲雑誌の編集長か記者、あるいは解説者になりたいと強く思います。いえ、もしも体格に恵まれていたなら力士もいいかもしれません。恵まれて居なくても舞の海タイプの力士になれるか。こんなに好きなら自分でも取ってみたいと願う気持も起きて来たりと。(^.^) 嗚呼、どんだけ相撲すきなんやろ。!(^^)!

冷えてきました。右近庵でも間もなく雨になります。
暖かくしておやすみください。明日お休みの皆さんも、そうでない皆さんも、風邪には気を付けてくださいね。それでは皆さん、ごきげんよう。 おやすみなさい。   右近

以下は白鵬の不満アピールの記事です。興味のある方はお読みください。

◎ 朝日DIGITAL 『お手本になる人が…』

|

« 親方間にある複雑な裏事情との関連 | トップページ | 「白鵬黒幕説」を検証する »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66074580

この記事へのトラックバック一覧です: これが大横綱?呆れる態度の白鵬サン:

« 親方間にある複雑な裏事情との関連 | トップページ | 「白鵬黒幕説」を検証する »