« あとを絶たない幼児虐待死 | トップページ | “消えない夜” 安全地帯 1985 »

2017年12月28日 (木)

不当な処罰 貴乃花親方理事解任案 (No.1)

皆さん、こんばんは。
もうたくさんの皆さんがお越しですね。相撲でしょ?貴乃花親方でしょ?
それがね、聞いてください。私は二時間ほどもかけて長い長い記事を書いたのですが、アプロードしようとしたら、いきなりのサーバーダウン。長い長い記事は一瞬にして消えてしまいました。あ~ぁ。(+_+)

こういうことは時々あります。はい、長くやっているといろんなことが。こんなふうになった時、初めはガックリきてしまいましたが、最近はそうでもなくなりました。仏教的に考えると、書いた記事はこうなるサダメにあったのだと思うことに。そう考えれば徒労感も生まれません。あの記事は書くべきではなかったのだと。でも今日はちと残念。一生懸命に書いたものだから。長い長い記事を。その長さが原因のようです。私はとにかく書くものが長い。だからTwitter向きではないのです。アカウントは持っているけれど情報を集めるためだけで喋ることはありません。140文字ですか、そんな少ない少ない文字数では全く足りなくて。で、気持を切り替える為に夕飯を食べ、気持あらたに出てまいりました。では要点のみを短めに。

理事を解任と告げて解任を受け入れないと答えると、ひとりだけ部屋から出されて全員で協議したそうですね。そして「決定」と呼びもどす。何だかこれ陰湿じゃないですか。感じ悪いですね。こんな中でよく頑張っていますよね、貴乃花親方は。

なぜ2ランク降格の理事解任?被害者なのにこの決定。今後は何やらよく分からない「評議員会」で決定か否かが来年の1月4日に決まるそうです。なんだか怖くないですか。被害者なのに、いつの間にか罰を与えられる人にされてしまっています。その‘罪状’は理事で巡業部長でありながら、何も語らず任務を怠ったというものだそうです。

貴乃花親方が主張しているのは、理事会に直接ではないけれど、警察から連絡が行くので報告をしているというもの。これをどう思うか意見は分かれるでしょう。そんなの自分で言わなければ報告していないという意見。そりゃそうだ、警察から連絡が行くんだったらしなくていいじゃないかという意見です。私は後者です。つまり貴乃花親方を支持します。それは昔から彼の性格を知っているから私には許容範囲なのです。

11月2日に警察から電話があって協会は事件を知ります。3日に協会から電話があり、貴乃花親方は答えます。「何も知らない。貴ノ岩は階段から落ちたと言っている」と。これについて親方は、事件当日や事件の内容については、その場にいた訳ではないので何も知らないという意味で言ったのです。真実が分からず、他の誰かが関係することのようなので、(他人に迷惑をかけるのを避けるために)貴ノ岩の言ったことだけをまず伝えたと。階段から落ちたにしてはひどい怪我なので追求したら暴行事件で負傷したことは10月の終わりに把握しており、警察に任せるのがいいと判断して鳥取県警に二人で出向いたとされています。最初は得られる情報から貴乃花親方は何を言ってるのだろうと私も分かりませんでした。嘘を言ったのかとも思ってしまいました。でも、それら辻褄が合わなかった点は、他の人が絡んでいることから配慮したのだということが今になってわかりました。

次に、協会へ協力しなかったという点です。これは最初からすべての捜査が終われば協力すると言っています。それを日馬富士の書類送検後と判断した協会と、検察の捜査が終わった段階でという取り違えがあったようです。これは貴乃花親方の間違いか、協会の感違いか明確ではありません。食い違いの原因は不明です。約束通り、すべての捜査が終わったので親方は聴取に応じました。きちんと約束を守っています。貴ノ岩へも聴取も受けましたね。

ここで協会と貴乃花親方の間に温度差があることが分かります。しっかり捜査して「誰が被害者で、誰が加害者か」をハッキリさせたかった貴乃花親方と、なんでもいいから早く進めて処分を決めないとまた相撲人気が下がってしまうという協会の差です。協会はそれが一番怖いのです。それで早く早くと急かしたのです。どっしり構える貴乃花、そわそわドキドキその他大勢。ひとりと大ぜいが相撲を取るかの如く睨みあっている状態が続きました。協会が死守したかったのは、相撲人気と、事件の超本人、しかし大看板である白鵬です。

協会は報告義務を怠ったと言いますが、怠ったのは貴乃花親方だけだと言えません。この事件をみずからリークしたのは貴乃花だと言われていますが、それは協会が報告義務を怠ったからです。事件は1日に分かっていたのに、11日の理事会で執行部は他の理事たちに対し、議題としてこの件を持ちださず、翌12日の九州場所初日を迎えます。事件を知りながら、何も無かったように初日に土俵に立つ白鵬、日馬富士、関係する執行部。自分の弟子は大怪我をさせられたのに休場の説明を公にしなかったのは協会です。貴乃花親方が「嵌められた」と激昂したのは理解できます。また白鵬ほか3人の横綱たちは鳥取での事件を親方に自分の部屋の誰にも報告していません。何かあればすぐに報告する義務があるのにしませんでした。被害を与えたことは自分たちが分かっていたので隠したかったのでしょう。あるいはそういうことは彼らにはたいしたことではなかったのでしょうか。皆が報告をしていないのに、なぜ貴乃花親方だけがそれを責められて2ランクもも降格になるのでしょうか。おかしな話です。

あまり長くなるとまたダウンしてしまうので(私ではなくサーバーが)今日はココまで。(^_-)
なんだか忙しいですね。私も人なみに忙しいですよ。体力が無いからお節料理も少しずつ作っています。鰤の柚あん焼、黒豆、椎茸の含め煮など出来ました。まだまだ作らないと。年賀状は、ごくわずかに限定して終了。おもて玄関の掃除や落ち掃除をマゴ(その1♀)と完了などなど。休み休みやっています。ドカンと来ることのないように、そろりそろりとやっています。
日本海側の荒れた天気がおさまりますように。お出かけの皆さん、家で忙しい皆さん、
どなた様もお元気でお過ごしください。それでは今夜はこの辺で。おやすみなさい。  右近

|

« あとを絶たない幼児虐待死 | トップページ | “消えない夜” 安全地帯 1985 »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66211458

この記事へのトラックバック一覧です: 不当な処罰 貴乃花親方理事解任案 (No.1):

« あとを絶たない幼児虐待死 | トップページ | “消えない夜” 安全地帯 1985 »