« 称賛 貴乃花親方の美しい女装写真 | トップページ | 神戸に帰れば食べるもの(その2) »

2017年12月14日 (木)

神戸に帰れば食べるもの(その1)

皆さん、こんばんは。一週間の後半になりました。
今日は神戸に帰るとよく食べるものの紹介をいたしましょう。

その前に少々。昨日、貴乃花親方の女装んついて書きましたら、とても反響がありました。それで、このことを扱っている記事をご紹介することにします。記事の内容が今ひとつなので昨日はリンクをしなかったのですが、他の親方の女装も見られるのでリンクしておきましょう。以下をクリックして下さい。↓
  貴乃花親方ほか一門の親方衆の華麗なる女装  (週刊女性PRIMEより)

神戸ではルミナリエが開催中で、世界一クリスマスツリーも見られます。神戸には美味しいものがたくさんあります。どうぞお越しください。今日はルミナリエのスタート地点に近い元町エリアで味わう美味しいものをご紹介しましょう。帰るとたいてい食べるものです。

☆ 『 神戸 元町 別館牡丹園 

大丸前から山側に向かってトアロードという通りが伸びています。その通りを少し歩いて路地を左折すると店があります。(トアロードに面した場所にある‘本館牡丹園’という店は、『別館牡丹園』と何の関係もありません。いつ頃からか紛らわしい店名で業者が店を出しています。由緒ある市民に親しまれている店は『別館牡丹園』です。観光客の皆さんはお間違いのないようにしてください。)

HPでご覧いただければお分かりですが、中華全般が注文できます。どれも美味しいですが、そうそう贅沢は出来ませんね。そこでおススメは、この店の‘焼きそば’です。メニューから麺類へ進み、焼きそばを見つけて下さい。1000円とあるのが見つかります。(ハード・ソフト)とありますが、ぜひともハードを選んで下さい。私たちは、‘かた焼きそば’と呼んでいます。あるいは‘かた焼きそばの並’と注文します。立派なエビやイカ、貝などが載った豪華なものもあるのですが、ここは並を選んで下さい。この並のかた焼きそばこそが、神戸市民のソウルフードと言っていいものなのです。パリパリの細めんに、キャベツや小エビなどが入った中華あんがたっぷりかかったとっても美味しい‘かた焼きそば’です。あるいは揚げそばです。私は現在、大阪の最南部に住んでおり、時々、「あぁ、牡丹園のかた焼きそば食べたい!」と絶叫することがあります。それほど私にはソウルフードなのであります。

次にスイーツと行きましょう。神戸と言えばスイーツです。私たちが誇る神戸スイーツの味は総じて甘さが控えめで上品な味、やさしい味です。今日は見た目の華やかさより、地味だけれど抜群の美味しさで親しまれ続けている店のスイーツをご紹介します。

☆ 『ユーハイム本店』 

大丸前から元町通りのアーケードに入って20メートルほどの所に、全国的に知られた『ユーハイム』があります。神戸の元町通りに本店があるのですよ。ここでのおススメが‘本店特製ショートケーキ’です。HPにも掲載されています。このケーキは6層もある生クリーム&イチゴと薄いスポンジケーキという豪華なケーキです。大きいので、お皿に寝かせた状態で出てきます。大きいのにペロリと食べてしまえるほどにアッサリして美味しいのです。このケーキは本店でしか食べることができません。私は年齢とともに生クリームが食べられなくなってきたのですが、神戸のケーキなら複数でも食べられます。とにかくこのケーキは感動ものです。飲み物とセットで1080円というのも嬉しいですね。2Fが喫茶です。昔からの雰囲気もいいですよ。どうぞお訪ねください。

ちょっとココでひと休み。目が乾いてきたので目を休めます。涙液ゼロはホントつらい…。
あと2店、続きは深夜か明日の午前に書き足します。それでは一旦、ごきげんよう。 右近

|

« 称賛 貴乃花親方の美しい女装写真 | トップページ | 神戸に帰れば食べるもの(その2) »

神戸」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸に帰れば食べるもの(その1):

« 称賛 貴乃花親方の美しい女装写真 | トップページ | 神戸に帰れば食べるもの(その2) »