« 白鵬も罪に問われるべきでは? | トップページ | 尚も残る疑問 日馬富士が激昂した本当の理由とは? »

2017年12月 1日 (金)

相撲・小説・神戸のツリ―などなど

こんばんは。週末になりました。ご苦労様でした。
さて師走になりました。あと一ヶ月で今年も終わりですね。何だか早い…。

今日も少しだけ相撲の話をさせてください。昨日に開かれた理事会、皆さん恐ろしい顔をしておられましたね。八角理事長と貴乃花親方は向かい合わせで一触即発といった緊迫した雰囲気でした。怖いですね。恐ろしいですね。えい、それならここは相撲で決着を!だとしたら北勝海と貴乃花のどちらが勝つか。どちらも元横綱、これは大勝負になりそうだ。なぁんてね。あれは報道の人たちが写真を撮る時間だそうです。皆さん沈黙して、なんだか恐ろしい雰囲気でした。いつもは30分ほどの理事会が、昨日は3時間半もかかったそうです。

それにしても貴乃花親方は強いですね。絶対に意志を曲げず、成し遂げるまで頑張れる人なんですね。この強さ、頑固さはピカイチです。しかしこれで完全に孤立してしまったような感じです。今後はますます苦しい立場になるでしょうが、強いので突き進むのでしょうね。昨日はモゴモゴの宮城野さん共々、白鵬も自分勝手な言動を注意されました。いったい何度注意されたら解るのでしょう。もうあの人は少し壊れていませんか?言動も相撲も年々おかしくなってきています。ところで日馬富士は元気にしているでしょうか。まだ聴取があるみたいです。彼のことだから、すでに前を向いて頑張っていると願っています。

私のことを話しますと、この騒動で久しぶりに書き始めたショートストーリーが止まってしまいました。今場所は面白くないなと他のことも始めたのですが、事件発覚からは創作と相撲のバランスがうまくとれなくなってしまいました。小説からの相撲!あるいは相撲からの小説!これが出来たのは最初だけで、そのうち相撲の方が大変になり、バランスがとれなくなってきました。アタマとココロの両方をうまく切り替えるのが難しくなったのですね。もう少し二者の間が近いものならまだしも、ラヴストーリーと相撲での暴行事件.。頑張ってはみたものの両立はうまく出来ず、ひとまず相撲ダという結論を出しました。昨夜は書いたところまで原稿を読んでみましたが続きは書けず、頭の中に日馬富士が登場してきました。私も仕切り直しですな、これは。

今日は我がふるさと神戸でのイベント“世界一のツリ―”が、ニュースで何度も紹介されました。ひと悶着あったこのイベント、せっかく始めたことなので、その‘あすなろの木’の為にも多くの人たちに来て頂きたいと思っています。ネットでひどく叩かれ、その後の木の利用方法には変更がありました。このプロジェクトのリーダーである西畠清順さんが自身のサイトで説明をしていますが「見たくない人は見なくていい」という発言がまた物議をかもしてしまいました。うまくいきませんね。(-"-) しかしあのエリアは皆さんご存知のように神戸の典型的な美しい景色です。多くの人々に喜ばれると嬉しいです。ちなみに私の隠れ家マンションから、あの辺が見えます。夜は特に美しいエリアです。今は賃貸に出しているけれど、いつも思い出していますね、あの光景。(^.^) 猫のはるかさんが好まないので当分は神戸に住めそうにありません。

詳細はこちら→ 神戸公式観光サイト

週末です。明日がお休みの皆さん、ゆっくりなさってください。
明日もお仕事の皆さん、頑張ってください。
それでは皆さん、ごきげんよう。   右近

|

« 白鵬も罪に問われるべきでは? | トップページ | 尚も残る疑問 日馬富士が激昂した本当の理由とは? »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66110275

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲・小説・神戸のツリ―などなど:

« 白鵬も罪に問われるべきでは? | トップページ | 尚も残る疑問 日馬富士が激昂した本当の理由とは? »