« これが横綱相撲 2002年秋場所『貴乃花vs.朝青龍』 | トップページ | 2017神戸ルミナリエ開幕 »

2017年12月 8日 (金)

恥の白鵬に批判の風が吹き始めた

おはようございます。右近庵では冷たい雨です。午後からは上がるということですが。
さて私は相撲のことに入れ込み過ぎて、ものごとが停滞し、考え過ぎて、心を痛めすぎて少々疲れてしまいました。しかし今日もまた相撲の話です。

今回の事件では貴乃花親方にも少しの落ち度はあるけれど、一貫して筋は通っていると私は思います。暴行事件に対してうやむやにしたくなかった。その一念です。これまでの協会の体質から、きっとそうなると考えての一連の行動です。そんな親方の根底には、日本の国技たる相撲は、古来より伝承された尊いものであるという信念があります。時代とともに変わることも必要だと、相撲をよく知らない似非評論家やコメンテーターの一部のくだらない人々の中にそういうことを言う者がいますが、ここまでいくつも改善されてきたことはあります。それらは評価されるべきです。しかし変えてはならないものは厳然として存在します。その最たるものは横綱とはどういう存在かということです。そこを勝手にモンゴル流に変えられても黙認するならば、これまでの伝統はアッというまに崩れ去っていくでしょう。頼りない協会に任せておけず貴乃花親方は、そこを最も危惧して行動しているのです。

この度の事件も日馬富士だけを切って終わりということになりそうです。私は早くから白鵬にも責任がある、白鵬にも処分をと言い続けてきました。それ以外にもここ三年間の白鵬の言動は目に余るものがあります。それらを数えてみても充分に処罰を与えるべきだというのに、白鵬という大看板に対して協会は口頭で注意というだけで何の処罰も与えてきませんでした。そのため白鵬の自分流の恥ずかしい相撲、恥ずかしい行為・発言がこの国では許され、むしろ歓迎されていると思っているのです。自分が居なかったら困るだろう。そこにつけ込んでしたい放題、やりたい放題なのです。そんな白鵬に対し、これではいけないと本気で向かい合っているのは貴乃花親方ただひとりです。彼が強い姿勢で立ち向かっているのは今回の事件だけではないのです。

貴乃花親方は昔から無口でした。この度も無言を貫いていることが批判されていますが、人がどう思おうと信念は固いです。私は親方の掲げる相撲道に大いに賛同するものです。伝統ある我が国の由緒ある相撲を勝手にプロレス化されては困るのです。巡業中とはいえ横綱が前日に日付が変わるほどの時間まで飲酒をすることは如何なものかと思います。日馬富士が誘われなかったら、今でも日馬富士は優しい笑顔で子どもたちを抱っこし、人々と握手している筈なのです。あぁ、残念だ。日馬富士…。残念無念。

そんな折、白鵬の相撲に堂々と異議を唱える人たちが出てきました。嬉しいことです。私も微力ながら本来の相撲を守るため発信を続けていくつもりです。私、この記事を読んで朝からちと熱くなり、一気に書いてしまいました。守ろう国技!守ろう伝統の大相撲!それが日本人力士であろうと外国人力士であろうとも、力士はこの国の国技である相撲をきちんと取るべし。まして横綱ならば本場所で汚い手は使わずに技で美しく勝て。巡業で愛嬌を振りまいてごまかすベからす、白鵬よ。

以下の記事を紹介致します。よくぞ書いてくださいました。(Niftyニュースより)

◎恥知らずの最低横綱の本性  大相撲をプロレス化 日馬富士事件の最重要人物     

|

« これが横綱相撲 2002年秋場所『貴乃花vs.朝青龍』 | トップページ | 2017神戸ルミナリエ開幕 »

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66135093

この記事へのトラックバック一覧です: 恥の白鵬に批判の風が吹き始めた:

« これが横綱相撲 2002年秋場所『貴乃花vs.朝青龍』 | トップページ | 2017神戸ルミナリエ開幕 »