« 礼を失するって?処罰って?無茶な議長サン | トップページ | 高校入試 国語科作文のコツ »

2018年1月10日 (水)

暮れにパソコンがダウンした話

皆さん、こんばんは。冷えてきました。東北・北陸の日本海側は特に強い寒波に襲われるとのことです。寒さには慣れておられるでしょうが、対策を万全にしてくださいね。大阪でも寒いのに、北の地はいかほど寒いのでしょうと案じています。
 
私は暮れからチョット大変でした。パソコンのことです。29日深夜のこと、いつも使っているノートパソコンが、いきなり大きな警告音を発し、緊迫さを表すアナウンスが流れ続けました。クレジットカードの情報やネットバンクも盗まれるので表示の電話番号へすぐに電話をしろというのです。もちろん電話などしませんが、その画面から他へ移行できなくなってしまいました。これはもしや恐怖のランサムウェアかと思い、再起動を試みました。するとセーフモードでしか起動できなくなってしまいました。さらにセーフモードから更に悪くなり、画面には英語と数字が下から上へ流れ続けるといった状態になりました。分からないままあれこれ試みるも改善せず、それ以上はさわらない方がいいと思ってスイッチを切り、ネットワークを切断してそのまま置いておくことにしました。ど~んと体が重くなりました。
 
時は暮れです。トラブルのたびにお世話になっている業者さんも、その日からお休みに入り、年始は5日からとWebにありました。万事休す。年明けまだ待つしかないと諦めました。諦めたものの、そうしているうちにも情報が盗まれていくのではないかと不安になり眠れませんでした。娘たち婿さんたちも調べてくれましたが、皆そんな経験がなく、さしあたり待つしかないということになりました。眠れぬままに考えていました。すべてのデータが失われるかもしれない。そう思った時、大変なことだと思ったけれど、失われて困るものは写真だけだと気づきました。その写真も、私は用心してすべてのSDカードやフラッシュカードをフォーマットせずに置いてあることに安堵しました。ノートPCには外付けのHDDは付けておらず、バックアップはパソコン内のDドライヴだけにしかとっていませんでした。画像の入ったカード類をそのまま置いてあったことで、それ以外のすべてのデータを失ったとしても何も影響はないとすぐに気づきました。
 
阪神淡路大震災から間もなく23年になります。東日本大震災から7年になろうとしています。それ以後の地震や水害でも人々がすべてを無くし、瓦礫の中を探したものは写真だといいます。燃えてしまったもの、水浸しになったものの中から人々は思い出の写真を求めて探し続けたといいます。激甚災害の真っただ中で人々が惜しんだものは、亡くなった人の姿、幼い頃の姿、写真として残された楽しかった過去の思い出でした。パソコンの中にある書き散らした文章など写真に比べたら一つとして惜しいものはない。そう結論したら急に楽になりました。
 
では30日以後、私はなぜこのブログが更新で、きたのか?ですね。はい、答えは簡単です。もしもの時のために私は新しいパソコンを置いてありました。Win8.1で購入したものを無料で10にしたノートで新品です。壊れたPCは何とWin7です。使い慣れているので、ついそればかり使ってしまっていましてね。それでそのPCはどうなったのかって?5日に届けて調べていただきました。翌日に電話でランサムウェアでは無かったからとの報告にどれだけホッとしたか想像できますか?クレジットカードやネットバンクのことがとても心配だったので毎日たしかめていましたが、やれやれでした。知識がないだけに心配も大きくてね。
 
使い始めたWkin!0は思ったほど大変ではなく、楽しくさわっています。便利な機能があるなぁとか、これはいらないから削除とか、少しずつ覚え始めています。Win7の方は連休明けに、すべてのファイルを確かめてみるとのことで、本日、先ほど電話をいただきました。私は目下、外出できないので、このあとか明日、娘に取りに行って貰います。動きが異常に遅いので調べると、ハードディスクの一部に問題があるとのこと。そろそろ引退させてあげましょう。7年も使ったMs.Redさん。次はBlack君に引き継ごう。
 
私は病気もちのため、パソコンが無いとお手上げです。だから常に予備を置いてきました。パソコンに限らず、冷蔵庫、洗濯機、テレビに電子レンジ、トースターなど予備の家電を置いてあります。これらはマンションから引き揚げた新しいものばかり。すぐに売り払うか置いておくかと迷ったけれど、いま使っているものが故障したときに便利なので置いておくことに。場所はとるけれど‘その時’のために置いてあります。パソコンの話に戻ります。あのウィルスは何だったのかな。後日に説明していただこうと思います。セキュリティソフトは入れていたけれど、一瞬、外れたかもしれず、また、しばらく前から動きが悪かったので、そろそろお役御免にしてあげるべきだったのだと反省しました。戻ってきたら早速外付けのHDDにピクチャをバックアップしなければ。
 
お正月準備も心配事を抱えての新年の集まりも、その後の疲労もあり、体調がよくありません。いい勉強になりました。最悪の事態は避けられたことに感謝しなければなりません。皆さんも大切な写真画像は常に複数の方法でバックアップを取っておいてくださいね。教訓。機器の故障は、ある日、突然にやってきます。大事なものは用心に用心を重ねて保存しましょう。気が付いたことはほかにも。本当に大切なものは多くはないということ。この経験が今後のモノ処分に役立つように思います。
 
年末から心配事を持ち越し、とても疲れました。
最強の寒波に明日は大阪も低温になります。体調維持に頑張ります。
はるかさんはベッドでイビキをかいています。
暖かくしてお過ごしください。
それでは皆さん、ごきげんよう。   右近
 

|

« 礼を失するって?処罰って?無茶な議長サン | トップページ | 高校入試 国語科作文のコツ »

右近トーク」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66263381

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れにパソコンがダウンした話:

« 礼を失するって?処罰って?無茶な議長サン | トップページ | 高校入試 国語科作文のコツ »