« なさけない‘大関相撲’豪栄道 | トップページ | 強い!栃ノ心 »

2018年3月21日 (水)

今日はまずまずの豪栄道

きのうはメディアでも叩かれた勝負内容の豪栄道。今日は気合が入っていました。これで勝ち越しは決めました。高安も白星でした。鶴竜と優勝を争って欲しいですね。今場所は逸ノ城も強い。栃ノ心は4敗になってしまいました。遠藤も怪我が良くなっていい勝負を見せてくれています。それなりに後半は面白くなってきました。引退かと囁かれた鶴竜が日を追うごとに強くなってきましたね。それにしても貴景勝戦は何だったのでしょう。その貴景勝は今日から休場。

貴景勝と言えば昇進会見にたった一人で臨んだことを思い出します。親方は例の事件で忙しかったのか、前代未聞の力士だけの会見でした。緊張のせいか祝い事のはずが笑顔ひとつなく、可哀そうになぁと見ていました。思えば昨年の11月からずっと親方は事件に関することに時間を取られ、弟子の指導もあまりできなかったのではと思います。しかし、可愛い弟子が昇進する会見に、いくら忙しいとはいえ、同席してあげなかったことは如何なものかと思いますが。あの頃は仏頂面を通していたので、出る気もなかったのかもしれませんが、親代わりと言うなら何を差し置いても出てあげるべきだったと思います。

この度の貴公俊の件も、親方と無関係とは思えませんね。殴った理由というのは、なんだそんなことで…と思うようなことでした。出るのを知らせるのが遅かったと付け人に腹を立てるより、自身も取り組みを見ていたというのだから出るタイミングは分かっただろうと思いますよ。何事もそうですが、人を全面的に頼ることはよくないことです。自分の関わることはすべて自分で分かっていなければなりません。出が遅いと叱られ、勝負は負ける、だから付け人に腹を立てて殴るなど、全く人としてなっていないと言えます。とりわけ可愛がっていた双子力士の一人が起こした不祥事は、部屋を仕切る親方として、若い人たちに目が行き届かなかった為です。いくら忙しくても、ひとりひとりに毎日声をかけてやることはしなければなりません。それは出来ていたのでしょうか。弟子たちは親方と接触や会話が少ないと気が緩んだり、感情を荒げてしまうこともあるでしょう。親方は自分のことを心配してくれている。これが全員に伝わる関わり方をしてあげて欲しいですね。

親方の一番の仕事は言うまでもなく弟子たちを正しく育てることです。その他のことで多忙過ぎたり、ひとりの力士だけをかまうことは、集団の中で良いこととは言えません。今回は「深刻です」と繰り返し答えていた親方。今は早く弟子たちと多くの時間を過ごし、大いに稽古をつけてあげることではないかと思います。今度の件では八角親方が同情してくれているとか。これを機に役員たちと会話を交わす機会をふやし、心を開くことが大切かと思います。貴乃花親方は元々これはと思う人の下では懸命に働く人です。八角さんほか役員さんも、やんちゃで気難しい、そして甘えん坊の貴乃花親方にうまく接して互いに心を開くといった具合に、よりよい関係になればと思います。彼のそんなところも所も分かった上で、懐の深さを見せてくれるベテラン親方との関りが彼には必要です。四面楚歌にさせず、一度、協会の皆で、お酒でも酌み交わせばどうでしょう。意外にうまくいくかもしれません。関係がうまくいくと、要望も言いやすくなるものです。刃を向けるのはもうやめないといけません。

長いこと留守にしておいて、いきなり出てきてよく喋りますね私は。相撲ことはつい喋りすぎてしまいます。なんだ元気じゃないかと思われるでしょうね。そうでもないのですけれど、皆さんがそう思っていただくのは嬉しいことです。少しずつ改善されてきたので、「これヤバいかも」と思う瞬間も減ってきました。さしあたり終活を再開できる体力になりますよう願いながら、そろりそろり過ごしているところです。

きのう今日と寒いですね。冬日です。こちらは雪ではなく、土砂降りの雨に見舞われています。雨でも冷えるので、またオイルヒーターを点けています。大阪では桜の開花宣言が昨日あったけれど寒いです。明日、雨が上がったらマイ桜のつぼみを確認してみましょう。

今日は二度も出てまいりました。週の後半も頑張ってください。
それでは皆さん、ごきげんよう。  右近

|

« なさけない‘大関相撲’豪栄道 | トップページ | 強い!栃ノ心 »

相撲」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66522929

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はまずまずの豪栄道:

« なさけない‘大関相撲’豪栄道 | トップページ | 強い!栃ノ心 »