« まだ梅雨なのに…暑い! | トップページ | 広島県・H30年7月豪雨災害義援金の受付について »

2018年6月29日 (金)

監督の英断で決勝トーナメント進出!

皆さん、こんばんは。
各地で激しい雨や雷雨、それに竜巻や地震も起きています。皆さん、大丈夫ですか?
昨日は静かにサッカーを観ていました。ポーランドに先制点が入り、日本が得点できない状態の時、なかば諦めモードで画面を観ていました。猫のはるかさんも、今日は飼い主が静かに観ているのを不思議そうにしていました。
今日はこの件での海外メディアの反応や、国内での様々な意見をマスコミが放送し続けていましたね。私はもちろん西野監督の英断に拍手を送りました。
第1戦、第2戦で主力選手が疲労しているなか、監督は6人の入れ替えをおこないました。初めてWCに出場する選手、やっとピッチに立てた選手たちは奮闘するも得点に結びつかず、後半の残り時間もあと十数分となった時、長谷部キャプテンが呼ばれて監督からの伝令を選手たちに伝えました。そしてあの‘パス回し’が始まりました。

しかしこれは大きな賭けでした。ポーランドがボールを奪って強引に攻め、更にもう1点を加えると、すべてが終わります。また、別会場のセネガルが得点すれば日本の負けが決まります。それらのリスクを負っても西野監督は‘パス回し’をして時間を使い、セネガルが得点できなければイエローカードが2枚少ないことで日本が出場できるという、まさに薄氷を踏むような決断を下したのです。
事情が分からない会場の観客も含め、闘うのを辞めたかのような日本に対し、日本に勝ちさえしたら2点は必要ないと考える疲れ切ったポーランドも、理解したのか休憩でもとるかのように動かなくなりました。全敗だけは避けたかったポーランドはすでに1点を先制し、目的を達成していました。予選リーグ敗退が決まっているポーランドに追加点は無用でした。そして大ブーイングの嵐の中、終了となって日本の決勝トーナメント進出が決まりました。

試合後の監督や選手たちのインタビューでも分かるように、決勝トーナメント進出のため、やむを得ずとった戦略で、選手たちは指揮官である監督に従ったのです。残り10分を必死で戦う姿を観客は期待していたのでしょう。それを選ばなかったサムライジャパンは、前進できたことを喜びました。まだWCのピッチに立てること、まだ見ぬ‘8強’への道が閉ざされなかったことをかれらは喜びました。

それがなぜ悪い?何もルールを冒していない。日本の心を忘れたのか、どこがサムライ? 歴史的な退屈な試合などなど、海外からのバッシングは物凄い。言いたい人には言わせておけばよい。かれらの殆どは1996年のアトランタ五輪での西野監督の悔しさを知らない。ブラジルを含む二戦を勝ちながら決勝トーナメントに進出できなかった。その為に帰国後に監督として‘D評価’を西野監督は甘んじて受け入れた。

その昔、日本サッカー初期の頃、体力的なハンデや技術面で遥かに未熟で、外国のチームと戦う姿は、まるで大人と子供のようだった。それから日本サッカーは血のにじむ努力を重ね続けて今がある。そのサムライジャパンはこのところ低迷していたが、前監督から交替後、わずか一か月で新しい監督と共にWCへ出てきたのだ。勝ちにこだわってどこが悪い?こだわって当たり前だ。それにフェアプレイポイントで勝ったことは評価されていい。
選手も監督も本当は、いちばん自分自身のために勝ちたいはずだ。。それが当然のことだ。ファンが喜ぶ、観客が喜ぶ。それはそうかもしれないが、自身のために悔いなく戦えばいい。こんな背に腹は代えられないサムライジャパンの気持ちを各メディアは理解してほしい。っしかし海外メディアの中にはこの決断を英断と讃えた所もあった。嬉しいことだ。闘うのを辞めて前へ進もうとすることのどこが悪いのか?サムライブルーがコツコツと積み上げてきた歴史を知っていたならば、バッシングなどできないだろう。世界の観客は楽しみで日本戦を観ているが、サムライも監督も、かれらの人生そのものを賭けて戦っている。決勝トーナメント出場にこだわってどこが悪いのだ。
つい熱くなってしまいました。熱くなると口調も変わってオトコになる。失礼。
さて7月2日はベルギー戦。手ごわいです。でも頑張ってほしい。いい試合を世界に見せて汚名を返上してほしいですね。頑張れ、サムライブルー!私たちはどんな時も貴方がたを誇りに思い、応援し続ける。
雨の激しい地域の皆さん、気を付けてくださいね。
それでは皆さん、今夜はこの辺で。 おやすみ。  右近   蒸し暑いよぉ…

|

« まだ梅雨なのに…暑い! | トップページ | 広島県・H30年7月豪雨災害義援金の受付について »

右近トーク」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66883761

この記事へのトラックバック一覧です: 監督の英断で決勝トーナメント進出!:

« まだ梅雨なのに…暑い! | トップページ | 広島県・H30年7月豪雨災害義援金の受付について »