« 岡山県と倉敷市 H30年7月豪雨災害義援金の受付について | トップページ | 愛媛県 H30年7月豪雨災害に係る義援金募集 »

2018年7月18日 (水)

学校が奪った幼い命  梅坪小1年男児の熱射病死

ひどい事件が起こりました。報道から知ったことだけでも常識外れのことを大人たちがおこない、その結果、大切な幼い命が奪われました。胸はずませてランドセルを背負い、入学してからわずか3ヶ月です。あまりにひどい。ひどすぎます。
高温注意報が出ている中、校外学習を実施、昼には36度になっていた。往復の道は報道で見る限り、ほとんどがアスファルトで照り返しが強く、輻射熱で40度を超えていたのではないかとと思われる。更に男児は往復の道で「疲れた」と体調の意思表示をしていた。にもかかわらず、「頑張ろう」というふざけた言葉で励まして歩かせ続けた。その担任は、よほど無知であるに違いない。めったにない高温の時期に「校外学習」を実行する判断は校長が下したのか。校長と担任の二人の大人に常識や熱中症の知識があれば、そして危機意識が備わっていれば、男児の死亡は避けられた。
これだけ熱中症の危険を呼びかける声が国じゅう駆け巡るなか、大人たちはいったい何をやっているのか。わずか一年生の子どもには的確に体調の悪さを伝える語彙力はない。だが「疲れた」の言葉で充分ではないか。体調がよくないことは伝わるはずだ。往路でこれを伝えた時、すぐに児童を病院へと考えて実行していたら救える命だった可能性は高い。復路では、あろうことか励まして無理やり学校まで歩かせている。更に信じがたいことにエアコンのある部屋で寝かせるでもなく、教室で椅子に座らせている。こんな馬鹿なことを教育の場ではやっているのか。担任教師は熱中症の知識がまったく無かったのか。怒りが収まらない。
学校における事故死が続いている。大事な子どもたちを預かる教育の場で、大人たちが最優先すべきことは国語や算数ではなく、死なせないことだ。会見での校長の軽さは何だ。少しも悪びれた様子がない。それにこういう場合、なぜ隣に担任教師が並んで謝罪をしないのか。大人たちが命を奪ったも同然の死亡事故でも誰も逮捕されず、何の罰も受けないのか。まこと学校という所は魑魅魍魎の世界よのぉ。妖怪ならば妖術で、幼くして召されたこの男の子を生き返らせてみろ。        怒れる右近 
 
怒ってしまいました。亡くなった男の子は私の「マゴその‘1’♂」と同年齢。可哀そうで可哀そうで…。大人たちの常識のなさと不注意で失われた命が惜しまれて惜しまれて…。
被災地の皆さん、ご訪問の皆様、西日本・東日本では高温が続きます。くれぐれも無理は禁物です。体力のある方も過信せず、この高温期を乗り切ってください。
大阪でも予想最高気温は毎日一度ずつ上がっており、あしたは38度の予想です。朝の七時台にもう30度。病弱系の私は恐ろしくてどこにも出かけることが出来ず家に籠っています。
それでは皆さん、お気をつけて。 北海道や東北の気温を見て羨望を禁じ得ない右近より

|

« 岡山県と倉敷市 H30年7月豪雨災害義援金の受付について | トップページ | 愛媛県 H30年7月豪雨災害に係る義援金募集 »

社会の出来事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/66955598

この記事へのトラックバック一覧です: 学校が奪った幼い命  梅坪小1年男児の熱射病死:

« 岡山県と倉敷市 H30年7月豪雨災害義援金の受付について | トップページ | 愛媛県 H30年7月豪雨災害に係る義援金募集 »