« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月21日 (木)

接続完了

おはようございます。
昨日、工事がおこなわれてネット接続が可能になりました。
すぐに三台のノートPCを無線LANに設定し、つながりが完了しました。
 
荷物の搬入が先月末日で、しばらくは新居でのネット無しでいました。最初はそれもいいなと思っていましたが、殆ど外出しない私には必要なものだと分かっていました。無いと困ると感じ始め、工事の依頼をしたのが一週間前。呑気にしていたのと混んでいたのとで遅くなりました。。そして昨日無事にネットに繋がる生活に戻りました。
 
この間に考えたことは、そろそろスマホかなということです。私のガラケーは娘たちとの会話と用件のみ伝えるための短いメールの為だけのものでした。小さな画面、遅いネットで必要性が無いからです。ipadも併用していましたがWi-Fiにつないで家での使用です。神戸と行き来していた時はどこでも見られるようにしていましたが節約の為。立ち上がりが早く、またメルカリなどの利用には便利なので今後も併用します。そこには隣家の被害に関する随分たくさんの動画や画像が保存されています。今後は外出も増えそうなのでそろそろスマホも必要かなぁと考えています。
 
曇りだったのが晴れてきました。あぁ、山々が美しい。
今日は午後に右近庵に出向きます。ノラちゃんに餌もあげなきゃいけないし。
 
それでは皆さん、ごきげんよう。
久々に言いましたね。(うん、Everything is getting better.)    右近

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

もうチョットだけマッテクダサイ

ご訪問ありがとう。留守なのに来てくれてありがとう。
私は現在、右近庵とマンションを行ったり来たりしています。
マンションには今週にはネット環境が整う予定です。
それまでチョットマッテクダサイ。←これ分かる人はかなりの‘通’サン。
 
私はいまだガラケーなので新居ではネット無し生活をしています。これもなかなかいいもんやなぁ。なんて思いつつもテレビはやかましいし、退屈なので小説など書き始めました。楽しいですね。何年ぶりかな小説を書くなんて…。でも書ける幸せを感じています。どこへ行くにも私は百均の原稿用紙と6Bの鉛筆と消しゴムを真っ先にバッグに入れます。それさえあればどこに居ても、何もなくても退屈はしないので。安上がりな趣味ですね、うん。
 
いろいろなことで心身ともに不調なところへ引っ越しのことやらで疲れはピークに達していたのか、風邪もひいてしまいました。幸いインフルではないのでよくなりつつあります。ご安心ください。目下の悲しみは焼却行為の害による木々が枯れていく様子を目にすることです。私は逃げ出せても、ここで足を踏ん張って立っている子たちは逃げられない。完全に枯れてしまった楓やサルスベリの木。葉っぱが白っぽく変色してしまったキンモクセイやサツキにツツジ…。つらいです。それでも立っているけなげな姿を見ると切なくて目の中に涙がいっぱいになります。 
 
このことだけはどうしてもPositiveに考えることも、あきらめることもできません。どうすれば助けられるのかずっと考えているのですが答えが見つかりません。植物を助けるいい考えがありましたら教えてください。右近へのご連絡はこちらへどうぞ。minazukiukon◎nifty.com ◎を@マークに変えてください。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

昭和の歌 『愛はかげろう』 雅夢

こんばんは。いつもご訪問ありがとう。
先月末に荷物の搬入を終え、ひと息ついたところです。自宅から近いので、小さなものは自分で運ぼうと、大きなものだけ運んでもらいました。モノ減らし中なので極力持ち込まないようにするつもりです。ひと息ついたところと言いましたが、休む暇なく役所へ陳情に行ったり、今日は弁護士さんとも会ってきました。いつになればゆっくりできるのか分かりませんが、好きな歌など聴けば心が休まります。
 
近頃は若い人たちが昭和の歌を好んで聴く人もふえているとか。アジアでも人気があるとも聞きますね。それは嬉しいことです。私はご承知のように洋楽派でもありましたが、やはり日本人です。数々の美しい歌詞やメロディの曲は好きでした。若い皆さんが知らない歌など時々ご紹介いたします。  
 
今日は『愛はかげろう』という歌です。Uta-Net 動画+様よりお借りいたしました。ありがとうございます。この歌がヒットした頃、私は20代でした。あぁ、なつかしい。それではお楽しみください。ご存知のご同輩は、一緒に歌ってください。はい、私も。 右近
 
 『愛はかげろう』 1980年 雅夢 (がむ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »