坊主トーク

2016年2月 2日 (火)

忌明けに

Dscn7866_512

先週土曜日、四十九日の法要に行ってきました。
法要のあと、故人をしのびながら食事をし、その後に納骨のため、お寺に行きました。
すべてを済ませ、市内のマンションに帰宅したのが午後四時半でした。雨は降らずによかったです。

本来の四十九日(=七七日 なななぬか)は今日です。四十九日に故人は中陰という所から晴れて浄土へと渡ります。その旅立ちの日が七番目の七日である今日なのです。四十九日を「満中陰」と言いますね。つまり「中陰」に居る状態が、日が満ちて終了するという意味です。満・中陰ということです。

通常、人が亡くなると、同じ日に葬儀の後に続いて初七日の法要も行います。それから次は四十九日法要というのが一般的かもしれませんが、仏教では初七日に続いて七日ごとに故人の追善供養をおこないます。初七日の次は「二七日」(ふたなぬか)、「三七日」(みなぬか)、「四七日」(よなぬか)、「五七日」(ごなぬか)、「六七日」(ろくなぬか)、そして満中陰の「七七日」(なななぬか)=四十九日という訳です。

では皆さん、中陰という浄土への中継地点で、故人はいったい何をしているのでしょう。死んでしまっても、故人はまだ気を抜けないのですよ。それは七日ごとに大王さまの審判を受けなければならないからです。ですから故人は呑気に「あ~楽ちん。生きてる時よりうんと楽~」なんて言ってはいられないのです。修行をいっそう熱心におこない、切磋琢磨を続けなければならないのです。「五七日(ごなぬか)には、あの閻魔大王さまの審判が下りますよ。ふぅん。死んでからも大変だなぁ、ですって?はい、その通り。その後に何処へ落ち着けるかが決められる審判です。気を抜くことなく故人は励み、私たちは地上からお経をあげて一生懸命に応援するのです。

画像は先日の法要で飾った花を持ち帰ったものです。忌明けの今日、カサブランカがみごとに開いていました。甘い香りを部屋中に漂わせていました。そうそう、ユリの花は、めしべやおしべを切り取ると花粉で汚れることなく、長持ちもしますよ。私はその昔、「愛別離苦」という詩集の中で「カサブランカなんか大きらい」と書いた記憶がありますが、やはりユリの女王さま、いい香りです。(あの時は献花だらけで、カサブランカだらけで、ウンザリしたもので…)

隠れ家マンションには、さしあたり必要なものしか運んでおらず、花瓶が無いので大きいペットボトルを切って下半分を花瓶の代わりにしました。少ないモノで暮らすと、今までポイポイ捨てていたモノなども使い道があり、重宝することがあります。ペットボトルもそう。ステキな花瓶に変身です。ちなみに上の方も捨てないで「じょうご」に使えるなぁと。たとえばお米を保存ペットボトルに入れる時、これを使えばこぼれない、というふうに閃くわけです。おっと、四十九日の話でした。

夕方、般若心経をあげてから夕陽を見ていました。故人が住んでいた方向、納骨したお寺がある方向を見ていたのです。夕陽は素晴らしく大きく美しく、しかしそのうちに雲に覆われながら沈んでいきました。ふと水平に視線を移動させると、何ということでしょう。故人が眠るあたりが淡い紅色に染まっているではありませんか。太陽は完全に沈み、他の所はどこも紅くないのに、そこだけが山の間を三角に染め、その範囲をみるみる上方に広げていたのです。
「うそぉ…」
山の間の逆三角形の紅い色は、多くの人たちが紅い絨毯をいっせいに広げていくかのように見えました。私の眼はクギ付けになり、言い知れぬものが湧き起こりました。

「では、行って来る」
一度だけふり返ってそう言った故人は、さっそうと浄土の入口へと向かって歩き始めました。私は無我夢中でシャッターを切っていました。ふと気が付くと、もうその空は雲が覆い、宵闇を呼び寄せつつありました。言い知れぬ感動とともに、行かないでという思いやら、行ってらっしゃいという思いやら、なんで往くのという理不尽さやら、さまざまな思いが込み上げ、没後はじめて私は号泣していました。そんな忌明けの一日でした。

それでは皆さん、ごきげんよう。                             右近

|

2012年9月29日 (土)

『脱ステロイド』 その2

昨夜、私はテンションが高かったようです。ひさしぶりに皆さんとお会いするのが恥ずかしかったのでしょう。照れてふざけて、まるで子どもですね。たいへん失礼いたしました。
今日は私がステロイドから離れるに至った理由についてお伝えしましょう。よろしかったらお読みください。

万能薬と言われるステロイドにはいろいろと副作用があります。中でも私が困っていたのは感染しやすいこと、精神的に急な変化が起きること(主に落ち込みです。言いかえれば鬱症状)、そして体重減少です。人によって出る副作用は異なりますが、私はこの3つにとても悩まされました。

○ 感染しやすい・・・すぐに風邪をひく。今月は三度もひきました。

○ 精神症状・・・・・・特に理由がないのに気分が急に落ち込んでいくときがありました。たいてい体調が悪い時ですが、そうでない時にはごくごく些細なことがきっかけで、ひどく落ち込んでしまうことも度々でした。意のままにならない自分の精神に苛立ちました。

○ 体重減少・・・・・体重に関するステロイドの副作用は、食欲亢進と減退がありますが、私は後者です。2010年春から夏にかけてひどく体調を崩したとき、45キロまで落ち込みました。ちなみに私のベスト体重は49キロです。(身長からいえば55キロくらいあってよいそうです) 通常は1キロの幅で体重が変化することは無く、この時は驚きました。ストレスによる胃炎から出血もあったので、それも関係していたと思います。しかしその後も体重は46キロ代が続き、最近までふえたとしても47キロに届くかどうかといったものでした。

食欲がない。だから食が細る。そして痩せる。といった悪循環でした。もちろん病気が進むにつれ運動量が減っているので、おのずと食欲が減退していることは否定できません。それにしても痩せています。これはもしやステロイドの影響では?と初めて考えました。私の持病がある患者は、委縮性胃炎といって胃壁の筋肉が硬くなる傾向にあります。そのためにまとまった量が食べられなくなるのです。私もそうなので、それがすべての原因だと理解していました。

それにしても細い。痩せている。人には痩せたねとくりかえし言われ、胃に悪性腫瘍でもあるのかと思ったこともありますが、その兆候はなく、ここまで痩せていく理由が分かりませんでした。筋肉量が落ちているということ以外に、食欲が無く、減る体重には何が影響しているのか考えると、もしやステロイド?に最近になって行きついたという訳です。

今日でステロイドを服用しなくなって11日目。嬉しい変化があります。それはこの10日間、風邪をひいていないこと、不思議なくらい気分が安定していること、それに嬉しいことに食欲が増したことです。間食をすると夕飯は食べられなくなる私でしたが、果物などおやつを食べ、食事どきにはお腹がグーッ鳴るようになりました。あまり感じることが無かった空腹感がよみがえってきたのが嬉しいです。本日の体重は47.5キロでした。徐々にふえてきています。これらのことが単に偶然なのか服用を辞めたからなのか、もう少し時間がたてば分かるでしょう。さしあたって48キロを目指して一生懸命に食べています。

ただし服用を辞めて以後、予測していなかったことも起きています。それは目です。涙液がますます少なくなったのか、充血してチリチリと痛みます。家の中に居ても昼間はまぶしさが辛いです。それで常時サングラスが必要です。ヒアレインという涙液を常用していますが、頻繁に使っても効果がありません。今後もっとひどくなってきたら、眼科に相談に行かなければなりません。16年も服用していた薬を辞めるのですから、身体が完全に慣れるまでどれくらい時間がかかるのか分かりません。辞めることで、目のほかに今後も困ったことが起きるかもしれません。冬場が特に心配です。しかし、やり始めたことです。まずは3ヵ月を精いっぱい頑張ってみます。

相変らず一日のほとんどをベッドで過ごす私ですが、気候のいい初秋に始めたこの挑戦、『脱ステロイド』を成功させたいと強く望んでいます。道行考をスタートした10年前、私はすでにステロイドを服用していました。いつもだるい、しんどいとぼやいていましたね。それは今も変わりませんが、10年間、いつも見守ってくださっている皆さん、ありがとう。成功したら一緒に喜んでくださいね。この夏は写真をあまり撮れなかったのですが何枚か撮りました。いずれ庭&猫のブログに掲載したいと思います。愛猫じぃじぃは元気ですよ。今日も読んでくださってありがとう。おやすみなさい。

|

2011年11月24日 (木)

寒い日の右近スープ「茎ワカメ入り中華スープ」

冷えますね。風邪などひいていませんか。
私は意外に元気です。気温が安定している時は、低めでも身体がついて行けるようです。しかし努力もしています。そうです。体温を上げるものを食べたり飲んだりしています。

冷蔵庫にある塩蔵の茎ワカメ。まとまった量を購入したのは初めて。とりあえず塩抜き。めんどうだから1袋ぜんぶやってしまおうっと。ワカメもそうですが、塩抜きしたものを再び冷凍してもまったく差し支えありません。だからきっと茎ワカメも。これが塩抜きした茎ワカメ殿。まるで大蛇か龍のごとく勇ましい。なんだか感激。さて、いかが料理をいたそうぞ。

Dscn3608_320_2
もどしただけでも食べられる茎ワカメ。チョッピリ食べると磯の香りが口に広がる。端っこを持って掲げると1m以上の長さがある。いちばん太い部分はやはり佃煮か。スープにもぜひ参加いただこう。中ほどは煮物で、細いところは味噌汁の具に。かな。さっそく調理。最初にできたのがこのスープ。中華風にしてみました。

Dscn3611_320_3
まず例の鍋にゴマ油を少々入れ、熱くなったら例のニンニクとショウガで香りをだします。それからトリのササミ1本をテキトーに切って炒めます。玉ねぎ半個、人参少々を好きに切って加えます。中華スープの素を加えて野菜がやわらかくなるまで煮ます。途中でいちど味見をし、塩味が足りなければ塩を少々補います。

ミニチンゲン菜は1枚ずつ外し、洗っておきます。特に根に近い部分は丁寧に洗います。根がついていた芯の部分はストンと落とさずに、もし不要な部分があれば小さくV字型に切って処理しておきます。ミニチンゲン菜は1株の半分を使いました。小さいものなので、葉を外しただけで切らずに使用し。もちろん青菜ならなんでも可能です。もどしてある茎ワカメは好みに切っておきます。

鍋の野菜が煮えたらチンゲン菜と茎ワカメを加えます。少しの間だけ煮て火を止め蓋をする。余熱でチンゲン菜や茎ワカメに火を通します。食する直前にゴマ油を垂らして出来上がり。とろみを付けるといっそう冷めにくく、身体も温まります。(シーリングライト<天井のライト>の光でなかなかうまく撮れません。湯気も初心者にいじわるです。よって湯気がおさまってから撮影。中華風蓋付きカップは実際はこのように広がっていないけれど、この角度から写すと何でもすり鉢型に写ります。ふむ。)

私は一日二食ですが、夜中に小腹が空くことがあります。そんなときスープがあれば気分は上昇↑。無いとダウン↓です。なんだかここしばらく元気です。今日は庭仕事もできたしね。と言うとすぐまた下降するけれど、動けているのはきっと具だくさんのスープ類のおかげ。昨年、不調で料理ができない数ヶ月を過ごしたので、今は料理ができる幸せを感じています。茎ワカメの佃煮は美味しく出来ました。細い部分はとりあえず再冷凍。スープはもちろんGooです。茎ワカメのシャキシャキ感が残っていて食感もなかなかのものでした。

北陸や北日本では冷え込んで積雪、突風もと天気予報。ニュースで吹雪みたいな中をゆく人々を見て、寒そうだなといつも思います。日本中の皆さん、暖かくしてお過ごしください。甘酒とってもおいしかったよ。猫たちは丸くなって寝ています。それではまた。風邪に気をつけてね。    右近

|

2008年12月17日 (水)

只管打坐(しかんたざ)

きのう道元について学びたいと言いましたが、「禅」という映画が来年封切られるそうですね。中村勘太郎さん主演で、曹洞宗の始祖である道元禅師の清冽な生き方を描いているそうです。でも私は観ないだろうな。まず本です。道元を詳しく本で知ることからです。本で読んで感動を受けた物語が映画になって、失望したことが何度かあります。道元について、映画は禅や道元の生き方を情的に、そして多分に興行的に描くのでしょうが、私はあまり興味がありません。

ところで、道元の教えで最も有名な言葉に「只管打坐」(しかんたざ)があります。ただ坐れという意味です。禅というと難しく考えがちですが、お坊様でも無になるのは難しいと仰っていました。無理に無になろうとしなくても、ただ坐ればいいというのです。私は気がふさぐと般若心経をよんだり座禅のようなことをしますが、不思議と心が落ち着きます。自分で自分の感情が律せないことほど情けないことはありません。そんなときは心経です。座禅です。皆さんも一度お試し下さい。目を閉じて坐ればいいだけです。think

昼間、アマゾンでは2万台、現在は4万台。頑張ってますな、「言葉屋」のミツロウ君。・・とこれを打っているたった今、平積み情報が写メールで送られてきました。ええっ、夢の平積み!あぁ、いけない。また私はふわふわしてしまう。座禅座禅、只管打坐。では今夜はこの辺で。昨夜から雨が降ったりやんだりしています。雨のことも言い忘れてしまうところでした。では、おやすみなさい。ひらづみ~。♪hiradumi ~♪

|

2008年6月22日 (日)

無財の七施

こんばんは、右近です。雨が降り続いています。元気に過せましたか。
今日は「無財の七施」について少々お話ししましょう。

菩薩が行う六つの修行に「六波羅蜜」というのがあります。聞いたことのある人もおられることでしょう。その第一番目に「布施波羅蜜」があります。布施とは物と心を人に施すことです。米やお金をお坊さんに差し上げることを「お布施」といいますね。お金や財物を人に施すことを財施といいます。お坊さんが衆生におしえを施すことを法施と呼びます。仏教には金品ではない布施もあります。それらは以下です。

1.身施      体を使った奉仕
2.心施      他人や他の存在に対する思いやり
3.眼施      やさしい眼差し
4.和顔悦色施  (わがんえつじきせ)周囲を和ませるにこやかな笑顔
5.言施      (ごんせ) 思いやりの言葉
6.床座施     (しょうざせ) 自分の席を人に譲る
7.房舎施     (ぼうしゃせ) 人を自分の家に泊めること

これらの中でも特に3.4.5は心がければ誰でもすぐに実行できるものです。やさしい眼差し、おだやかな笑顔、思いやりのある温かい言葉。ステキですね。

心理学上でも鏡に向かって笑顔になれば気持ちが上を向くと実証されているようです。その笑顔を人にもあげてください。厳しい眼でなく、やさしい眼をしているかどうか、では鏡を見て今すぐチェック。どうだった?そしたら次は「今日もがんばったね」と自分に声をかけてあげてみてください。ちゃんと声を出してです。自分も誉めてあげましょう。いい気分になれるから。嘘だと思ったらやってごらん。

雨嫌いの人にはうっとうしい季節です。でも、笑顔。 心が明るくなって晴れるから。まだ信じていないんだ・・。じゃ、いちどやってみてごらん。そして誰かにあげて、やさしい眼、笑顔、そして言葉。
一週間をがんばってください。いろいろと気をつけて。
ありがとう。私も眼・肩・腰ね。はい、わかりました。think

|

2008年3月 6日 (木)

坊主トーク

先日の「六牙の象」の話は好評でした。仏教の話が面白いとメールをいただきます。では今日は何を話しましょうか。この坊主は2日ほど酒に溺れておりましたですが、今日は真面目なボーズです。では今日は八正道のことでも。

「八正道」

仏教では真に幸せに至るには八正道を実践することだといいます。それは以下です。

◎正見   とらわれの心をなくし、ものごとをありのままに正しく見る。

◎正思   ものごとを正しく考えて実践する。

◎正語   ウソを言わないでものごとを正しく話す。

◎正業   正しい行ないをする。

◎正命   規則正しい生活をする。

◎正精進  正しい努力をする。

◎正念   正しい目標を持つ。

◎正定   心を正しく安定させ、常に心を安らかにする。

以上です。右近的には規則正しい生活をしているのですが、朝昼型に戻す努力中。それで朝10時には起きています。だから眠いや。「ひとり言」書いてたけどもう寝るよ。実践しようね君も一緒に八正道。ボツったときは心を安らかにできなかったけど、もう大丈夫。おやすみぃ。night

|