小説

2017年10月 5日 (木)

大好きな一冊 『日の名残り』カズオ・イシグロ

おめでとうございます。また出てまいりました。
夜になって嬉しいニュースが飛び込んできました。カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞に輝きました。おめでとうございます。嬉しいですね。

私はとっても驚いています。なぜなら昨夜、本棚に在る『日の名残り』目を止めて、思い入れの強いこの本を再読しようとじっと見つめていたからです。猫の写真でもお分かりのように、ベッドの足元の方に天井までの本棚があります。その下から五段目に並ぶこの本に目を止め、思い出していたのです。同時にアンソニー・ホプキンスが執事役を演じた映画も思い出していました。すると今日、このニュース。嬉しいです。

Dscn9958_400

隣には村上春樹氏の本も並んでいます。種類で分けずに雑多に並んでいる私の本棚ですが、現在まだ残している本は何度かの選別に耐て残っている好きな本たちです。そういう本棚が今は×(かける)3。モノ処分ではCDと本が一番つらい作業です。

Dscn9960_400

『日の名残り』は1989年に書かれた作品です。私は30代でした。訳者の土谷正雄さんの‘あとがき’は1990年に書かれています。私はその頃に買ったのでしょう。心に残る本でした。あいにく以後は仕事が多忙になり、家事にも追われ、それ以後は彼の作品が読めていません。読書そのものが出来ない年月が続きました。今は時間がたっぷりあるので、kindle版で他の作品を読もうかと思っています。大好きな長崎出身の、大好きなイギリスの、とっても英国的な世界と人物の描写に引きこまれてしまいます。おススメの一冊です。この本は私の本棚に28年も住んでいるのですね。二度の引っ越しと共に此処まで連れてきましたね。さっそくもう一度、読んでみましょう。何度か読み返したので表紙は手垢で薄汚れています。

彼は英語しか話しませんが、日本へは特別な想いがあると仰っていますね。路面電車の音を感覚が覚えているなんて、嬉しいことです。長崎の皆さん、おめでとうございます。カズオ・イシグロさん、おめでとうございます!!嬉しいなぁ本当に。

今日は二度も出てきてしまいました。やっぱり政治よりブンガクの方がずっと楽しいや。昼間の記事は不愉快ですね。消しとくよ。エイッ。ココで政治はやめますね。それでは皆さん、ごきげんよう。もう寝るね。おやすみ。うん、寝床で本。(^_-)   右近

| | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

小説 『ロリータ』

私は今、小説『ロリータ』を訳しています。そう。皆さんよく耳にされたことがある、あの“ロリータ”の源となっている小説です。ロリータといえば少女愛の代名詞となっていたり、ファッションでもこの名がつくものがありますね。しかし、元はアメリカに住んでいたウラジーミル・ナボコフの難解な小説の登場人物、ドロレス・ヘイズの愛称です。

これが今度のスクーリングの教材で、一生懸命に訳しているというわけです。むずかしい・・・。(-_-;) 当日までに送られてきたところまでは訳して臨みたいものですから、毎日、必死です。こまかい字を見続けるので目が疲れて困ります。(*_*; でも、がんばらないと。やっと半分くらいまできた・・。あぁ、しんど。

近頃いくつものことが同時に出来なくて、体力も無いし、今はこれに専念しています。下旬までこれにかかりきりになるので、あまり出てこられないかもしれませんが、ときどきは出てきます。まったく現れないと心配してくださるでしょうから。(^.^)

筋書きがすべてではないけれど、Wikipediaでこの作品について掲載がありました。興味のある方はこちらからどうぞ。book 小説『ロリータ』↓

apple http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF

雨になるらしいです。rain
皆さん、お元気にお過しください。それでは また。

|

2009年7月16日 (木)

『ハピネス・マサオ』5話掲載

雨は降らなかった。昨夜とけさの明け方で天気予報が違ってた。予報官には急な変更が許されるんだね。今は降りそうでまだ降っていない。だから先に小説で降らせたよ。rain よろしかったらお読み下さい。

|

2009年7月 2日 (木)

ブログ小説連載スタート

お気づきのように今月からブログでの小説を始めました。さっそくお読みくださったかたも居られるようです。今日はその小説について少々。

昨日、ガクセイ右近は最後のレポートを土砂降りのなかポストに投函しました。そのレポートが書けた日、Wordを閉じたときでした。突然にひらめいてふたたびWordを立ち上げ、いきなり書き始めたのが『ハピネス・マサオ』です。それから一気に一話を1~2時間くらいで書き上げ、昨夜ブログで公開しました。

お読みになったかたは今までの私の作風とは違うと思われたかな。(笑) 物語のつかみの部分は軽めですが、けっして軽いものにはならないですよ。安心してください。私は軽く書こうとしても重くなってしまうのです。think この話も先のストーリーを考えただけで自分でウルウルなってしまいました。weep 

近頃、私は手首や指関節の力が弱り、相変らず肩も痛み、パソコンで書くほうが楽になりました。パソコンと言っても、私はかならず原稿用紙の画面に縦書きで書いています。そうすると紙の原稿用紙に書いているのとあまり違わない。だから同じ感覚で書けます。

しかし、初めてブログに掲載してみたけれど、Wordの明朝体からブログのゴシックになり、縦書きが横書きになってしまうと、同じ文章でも軽く見えてしまうのは仕方がないことなのかなぁ。縦書きだともうちょっと落ち着いた文なんですがねぇ。それに行間もあまり無いからスラスラすら~っと読んでしまう。でも、あれで原稿用紙12枚。書体や横書きに、その他に負けない文章を書かなければね。

でも利点もあります。アップが簡単だということです。それは頻繁に書いて掲載するには魅力です。私は寡作でめんどくさがり屋。ひらめいた時にどんどん書いて掲載するには都合がいいと思うので、初めての試みとしてやってみます。うまい具合に本のテンプレートがあったから使いました。スクロールしていくと、なが~い本になる。おもしろい。book

何でもそうだけれど、書くことも自分がいちばん夢中になって楽しむべき。(^_-)-☆そういう風にして書いたものは、のめり込めて出来がいいのか嬉しい感想をいただいたりするよ。この『ハピネス・マサオ』も楽しみながら書き進みます。読んでくださる人がいるから書ける。そのことも充分わかっています。いつも読んでくれてありがとう、君、君、君。

筋書きは言えないけれど、さっきも言ったようにこの小説は決して軽くない。でも楽しんでもらえると思う。恋もちょっと入れようか。あったほうがいいね。うん、わかったよ。やっと勉強が一段落したので今月はどんどん書くよ。今も『ひとり言』書いていたんだ。ハピネスの二話も昼間に書いちゃったし。楽しいよ。pc

きのうは豪雨みたいな雨だった。今日は涼しい右近庵です。だから猫たちもスヤスヤ気持ちよさそうに眠っています。私はちょっと目を休めます。それでは今夜はこの辺で。いい夢をみてください。fuji

|