東日本大震災

2016年11月 7日 (月)

『大川小学校児童津波被害国倍訴訟を支援する会』に支援を

東日本大震災に伴う大津波での被害で、最も悲惨な犠牲のひとつが大川小学校の児童たちでした。犠牲になった児童74人のうち、23人の児童の遺族たちが損害賠償請求を求めた訴訟で、やっと勝訴までこぎつけたのも束の間、本日、石巻市と宮城県は仙台高裁に控訴しました。何でも先生たちだけに責任があるということへの不服とか。想定外の津波であったと。

またしても「想定外」で県と市は逃げようとしています。この言葉は震災のあらゆる訴訟で使われていまあう。しかし大川小の場合、裏山へは1分ほどで駆け上がれたいいます。謎の「議論」に貴重な40~50分をとり、やっと出した結論が小高い丘の方へという決定。これが大惨事を招きました。広報車も来て高台への避難を呼び掛けていたのです。なおかつ「議論」で時間を取り、結局は誰でもわかるしてはいけない川の方へ向かって逃げるという行動が、取り返しのつかない惨事へとつながったのです。

亡くなった先生たちを責めても仕方が無いことではあります。先生方にも遺族が居て、悲しみは同じです。だが、かれらの決断が遅かったのは事実です。危機管理意識が甘かったことは否定できません。津波が来たら高い所へ。児童たちは口々に山へ逃げようとと言ったといいます。ふだんから祖父母や家族に教えられていたのでしょう。それにもかかわらず、先生という絶対的な存在に逆らえず、従ったがために命を落とした大勢の子どもたちに涙を禁じ得ません。片田教授の指導のもと訓練をくり返し、その結果、高学年の生徒が低学年の手を引き、児童の判断で避難指定場所より更に高台へと走って助かった「釜石の奇跡」とは正反対でした。この悲惨な犠牲が本当に残念です。

何をどう考えても迅速さが求められる避難行動が遅れてしまったのは明らかです。それは教師の危機管理意識が足りなかったということになります。「想定外」の津波という言葉で許される内容ではありません。過去にも大津波に襲われている地域であるのに、教育の場で災害が起きた時、教師が取るべき行動が遂行できなかったのは、県や市が各学校での避難指導を現場の教師たちに徹底するのが不十分だったということになります。元気に学校へ通い、将来に夢も希望もたくさんあった多くの幼い命を失ったことは痛恨の極みです。

更にこの被害については当初から曖昧な部分が明かされないままの裁判となりました。ただ1人だけ避難中に生存した男性教師の出廷は叶いませんでした。何を教師たちは相談し、県や市は、50分もの相談のあと、常識では考えられない川の方向へ逃げるという結論に至ったかを知る貴重な証人の口を封じている疑いがあります。遺族側がいったん勝訴はしたものの、依然「空白の50分」は何も解明されていません。遺族はそこを解明することを求めて更なる闘いを続ける予定でした。そこへ市と県による控訴です。全く何をか言わんやですね。

皆さんはこの悲劇についてどう思いますか。私は当初から遺族側の主張を支持しています。遺族の闘いは今後も続きますが、誤解のないよう付け加えます。遺族は裏山への逃げ道を封じられた可愛い我が子の死の直前に、いったい何があったのか真相を知りたい、そして以後は絶対に学校という場で、このような悲劇が起きてはいけないという強い信念のもと頑張っているのです。決してお金ではありません。しかしながら私は犠牲に見合う賠償金は獲得して然るべきだと考えます。それが勝訴の証となるからです。この訴訟に関しては国民が後押しをしなければなりません。

五年以上の年月が過ぎた今、この悲劇も世間では薄れてきました。日々、我が子がなぜ死ななければならなかったのかを問い続けて苦悶する遺族の皆さんを、遠くから、近くから応援してください。悲しみはまだ続いています。闘いも続いています。どうぞ宜しくお願いいたします。


◎ 支援する会はこちら (支援金の振り込み口座が掲載されています)  

◎ 大川小を襲った津波の悲劇

| | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

大船渡から届いたサンマ2014

きのう、はるばる三陸・大船渡からサンマが届きました。

これは20匹入りです。大きなサンマでしょ。

海の匂いがするのでしょうか。サンマが届くといつも猫たちは落ち着かない様子です。

網戸の向こうからサンマを‘ガン見’しているのは庭猫のトラ美さん。おいしそうだなぁ。

Dscn6615_512
届いた日は去年も小雨。きのうは曇り空でした。

昨年よりひと月ばかり早い注文だからか、いくぶんスマート。とはいっても関西ではお目にかかれない大きさ、太り具合です。

さっそく塩焼きに。やはり私は塩焼き派。

焼いているうちから猫たちがやかましい。う~ん、たまらない。=^_^= というろころかな。

おいしいっ!\(^o^)/ でかいっ!\(^o^)/新鮮っ!\(^o^)/

‘はしり’の頃より今頃から来月中旬くらいが脂がのって美味しい時期とか。皆さんもいかがですか。

ご注文は二件戻った記事に掲載中。山岸さんでどうぞ。(^_-)

|

2013年10月20日 (日)

大船渡からの立派なサンマ

Dscn5711_512_2

Wさんから大船渡のサンマが送られてきました。とっても立派な大ぶりのサンマです。
届いてすぐ、暮れなずむ小雨の庭で写真撮影を始めると、庭猫たちが「あら、なぁに?何だかいいニオイがするんだけど」と近づいてきました。ダメだよ、小春ちゃん、トラ美ちゃん。あとで頭と骨をあげるからね。サンマたちは氷水の中でちょっと寒そう。「おや。ここはいったいどこなんだ?眠っているまにこんな所へ来てしまったけれど・・・」と訝しげ。指を海水に浸してなめてみたら、ちょっとしょっぱい。これが東北の海の味か・・・。感慨深いものがありました。
ようこそ大阪へ。ようこそ右近庵の庭へ。遠路はるばるありがとう。

ふだんはスーパーでしか買い物が出来ない暮らしで、このような新鮮で大きなサンマにめぐりあう機会はほとんどありません。鮮度と大きさにビックリです。いつもはアジ派でサンマは食べない愛猫じぃじぃも、クンクンするので彼が好きな‘ワタ’を少し与えました。美味しそうに食べました。腎不全が進み、食欲がなくやせっぽちの彼も大船渡からのサンマを少々味わいました。私は晩御飯に2匹もいただきましたよ。日本酒にもよく合います、サンマの塩焼き。とってもおいしくて感激しました。

Dscn5710_512
こちらのサンマは大船渡の山岸冷蔵さんからの直送です。サイズは「大」。8匹から注文できるそうです。画像では分かりにくいですが、本当に大きなサンマです。水揚げされたその日に全国へ発送されます。山岸冷蔵さんは震災直後、難を逃れた冷凍サンマを、惜しげもなく皆さんにふるまわれたそうです。立派ですね。

各地の都市部で東北からのサンマを焼いて皆さんにふるまう光景をテレビでよく観ます。美味しそうだなぁと思って指をくわえて画面を見つめていました。きっとそれらのサンマと大きさも美味しさも同じだと思います。食後の今もずっと美味しさの感動が続いていますよ。

今年は猛暑でサンマの南下が遅れたようです。脂ものって今がまさに味わいどきです。全国の皆さん、水揚げ後すぐに直送される大船渡からの美味しいサンマをぜひ味わってみてください。感動、感激、間違いナシです。
あぁ、おいしかった。ありがとうございます、Wさん、山岸さん。美味しく頂きました。\(^o^)/サンマさんたち、命をありがとう。

◎ 大船渡・山岸冷蔵さんの電話番号は次です。0192-29-3511

 

|

2013年4月 3日 (水)

ご支援お申し出ありがとうございます

宮城県ご出身で千葉県在住のO様より衣類支援のお申し出がありました。ありがとうございます。

一部では衣類はすでに不要との情報がありますが、場所によってはまだ必要とされています。特に大きなサイズの衣類が求められています。性別・季節を問わず大きなサイズの服など、引き続きご協力をお願いいたします。

|

2013年3月 8日 (金)

ありがとう。南三陸町歌津からのワカメ。

Dscn5220_512
南三陸町歌津から今年もワカメが送られてきました。乾燥ヒジキも入っています。おいしそうです。ありがとう、Aさん。少しずつ大事にいただきます。
おそらく何気なく書かれただろうあなたのお手紙に、私はひどく心を打たれました。あなたに無断でお言葉を皆さんに紹介させていただきます。

 
『南三陸町は二年前より、すっきりキレイになりました。

と言うより何もない状態になりました。

生活環境が整うまでは長い時間がかると思います。

なかなか前進しましたとは言えませんが、

一歩ずつ、頑張ってまいりたいと思います。』

私たちはこれから何が出来るのか。一年365日、わずかな時間、被災地を想おう。
困難な状況に未だいる人々に思いを馳せよう。ただそれだけでかまわない。
かの地に住む人々はみんな言う。

『今でも忘れず想ってくださる人たちがいることが一番うれしい』

日々の暮らしに埋没するなか、ふと東北を想うこと。それは誰にでも出来る。
それこそがこの国に生まれた者として共に在ること、共に生きるということ。
もう一度、考えてみよう。ささやかでも自分に出来ることをし続けよう。それが大切。


 何も無いところからの新たな出発。勇気を持って前進する皆さん。
Aさん、南三陸町歌津の皆さん、ガンバレ。

☆衣類・日用品・家電などの物資ご支援お申し出はこちらまで。

<支援専用メールアドレス beat65◎aol.jp >←◎をアットマークに代えて送信ください。
必ずご氏名と「物資支援」と件名に明記してください。送付先など詳細はメールでお知らせいたします。送料は右近が負担いたします。尚、ご協力くださった皆様には、ほんの感謝のしるしに私の本、またはMySelectionよりオリジナル音楽CDを差上げます。

本日、群馬県高崎市「T様」より岩手県宮古市へ衣類のご支援がありました。
ありがとうございます。オリジナルCDを発送いたしました。ご笑納ください。

 皆様、ご協力の程、よろしくお願いいたします。 右近

 

 

 

|

2013年2月 8日 (金)

冬物衣類(‘L’サイズ以上) 緊急募集!

被災地では衣類はすでに不要と思われていますが、地域や被害状況により今なお不足している所があります。寒さが厳しい東北では、まだまだ冬物衣類が必要です。以下が岩手県宮古市にお住まいの皆様からのご要望です。よろしくお願いいたします。

◎ 冬物衣類

(男女ともL~4Lサイズの大きいもの

◎ 衣類送付に関して

支援してくださる方には、現地の世話役の方に着払いで発送していただきます。
今回は後日に私が切手で支援者様にお支払いする方法ではなく、支援品到着後、
世話役の方に送料を立て替えていただきます。金額の報告を受けた後、私が入金して負担する方法をとります。発送時に支援者様に立て替えていただくことはなく、また、支援者様のご住所や電話番号を私が知ることはありません。

衣類を求めておられる方々は男性たちが漁師さん、女性たちは牡蠣のお仕事に従事しています。
地域の船はみんな流されて漁ができず、造船は順番待ちで、未だ回ってこない人が多いそうです。
牡蠣の作業は、ようやくわずかだけ復旧したということですが、まだまだです。
衣類はこれらの皆さんの普段着や作業時に着用するものとなります。

ご連絡は以下のメールアドレスまでお願いいたします。
送付先住所など詳細をお知らせいたします。英文メールも可能です。

  beat65◎aol.jp  (◎を@に替えて送信願います。

尚、こちらは支援専用のフリーメールアドレスです。この件以外でのメール送信はお控えください。また、件名にはご氏名と「衣類支援」と必ずお書きください。それらの無いものは、申し訳ありませんが、諸事情により開封することが出来ません。どうぞよろしくお願いいたします。

ご近所、お知り合いの方々にもお声をかけていただければ有難く存じます。
皆様のあたたかいご支援をお待ちしています。          

                                     安孫子 良

|

2013年2月 2日 (土)

‘苺’の産地 宮城・亘理の『もういっこ』

いちごで有名な亘理町からとれたての苺が届きました。亘理町にお住まいのS様からです。支援活動で、ご縁があってつながっている方です。ありがとうございました。この苺はきのうの夜明けに収穫され、当日のうちに発送、ヤマトさんによって今日の夕方に私の所に届けられたということです。とっても新鮮で大粒の、立派な苺です。『もういっこ』という品種です。名前の由来は、ついついもう一個と手が伸びるほど美味しいからだといいます。

苺が店頭に並び始める季節になってきました。津波直後の亘理町、山元町など‘仙台いちご’の産地の悲惨な映像に、ひどく心を痛めた人も多かったと思います。私もそのひとりです。届いてすぐにあけて蓋を取ったとき、真っ赤な元気いっぱいの苺を見て、じわじわっと目に水分がたまるのを感じたのは花粉症のせいだけではありませんでした。この苺はSさんの旦那様のご友人が、やっと栽培を再開にこぎつけ、その収穫の苺だそうです。お心のこもった貴重な苺を、皆様のご努力に感謝しながら味わいたいと思います。S様、生産者の小野様ほか皆様、ありがとうございました。亘理いちご頑張れ!!

◎ 『もういっこ』 紹介サイト 

☆ 『ぷれ宮夢みやぎ』様   

この記事をご覧の全国の皆様、この春は仙台いちごを応援してください。
一部、販売が始まっています。どうぞよろしくお願いいたします。

Dscn5150_512

Dscn5153_512

Dscn5151_512

|

2013年1月18日 (金)

“1・17”の雪地蔵さま

昨日、神戸市中央区の東遊園地には、雪で造られたお地蔵さまが、東日本大震災被災地の地名が書かれた竹灯篭と共に設置されていました。これらは市内の神港学園硬式野球部の皆さんが中心となって作製されたそうです。雪の提供は鳥取県江府町から、あざやかな色のi灯篭は、岩手県宮古市田老町から寄贈されたものだそうです。雪地蔵さま、たくさん並んでおられました。皆様の気持ちがひとつになった温かい雪地蔵さまです。

Dscn5112_512

Dscn5121_512

|

2013年1月17日 (木)

東日本大震災犠牲者の方々への竹灯篭

神戸市中央区の東遊園地で行われる追悼集会に行ってきました。
午前5時46分に到着するのは無理なので、午後2時46分に参加しました。その時間には東日本大震災の犠牲者の皆様を追悼する黙祷がおこなわれます。集まった人々と共に東北各地から来られた代表の皆様と、東の方角を向いて黙祷を捧げました。

この場所には追悼集会でおなじみになった竹灯篭に、東北の県名や町名が書かれたものが並んでいました。黙祷の後、ゆっくりとひとつずつ見せていただきました。神戸から東北を追悼し、応援する竹灯篭です。使用する竹は阪神大震災以来、毎年全国からの善意によって寄付されるものです。

Dscn5110_400

Dscn5113_400

Dscn5115_400

|

2012年12月26日 (水)

ありがとうございます。

『Y』 様へ

昨夜、ポストに封筒を見つけました。
お手紙と可愛い卓上カレンダーを、ありがとうございました。

あの頃よりも落ち着かれた由、大変うれしく思います。
お嬢様も飛躍的な快復を遂げられた御様子、心よりお喜びいたします。

あの時は失礼と思いつつ、当方の使わなくなった品を送付いたしましたが、
お役立ていただきまして私の方こそ感謝の気持ちでいっぱいでした。

長い間、お嬢様くらいの年齢の子どもたちと関わってきたせいか、お嬢様が
まるで自分の生徒のように感じられ、何かお役に立ちたいと考えました。

あれから時々、困難の中をあなたはどうなさっておられるのだろうと考えました。
しかしながら支援サイトの人間としての立場を守り、連絡は差し控えました。

この度、お嬢様が学校へ通うまでになられたことは、私にとりましても大きな
喜びであり、力強い希望を感じさせられるものです。本当にうれしいです。

また、このブログへは時々お越しだとか。そういえば茨城県からのアクセスは
たしかにあります。あなたもご訪問くださっていたのですね。ありがとうございます。

支援サイトからはすでに退会されたご様子、私からのメール連絡は不可です。
それでお品拝受を早急にお知らせするため、この場を借りて御礼を申し上げました。

東日本大震災で被災された皆様には、今なお私たちの想像を超える御苦労や悲しみが
おありのこととお察しいたします。その中での私どもへのお気遣いに深く感謝いたします。

今年はいちだんと寒さが厳しい年の瀬、新年となるようです。どうかお嬢様はじめ
ご家族の皆さまにおかれましては、ご自愛なさいましてお過ごしください。

いずれ改めまして御礼状をお送りいたします。
ありがとうございました。とり急ぎ拝受の御礼まで。

                            安孫子 良      2012.12.26

|

より以前の記事一覧