災害支援

2018年7月17日 (火)

岡山県と倉敷市 H30年7月豪雨災害義援金の受付について

広島県と同じく被害が甚大だった岡山県への義援金の窓口は以下です。

岡山県の中でもとりわけ被害が大きかった真備町のある倉敷市への「ふるさと納税」での寄付もリンクしておきます。尚、これは寄付のため返礼品はありません。ふるさと納税の仕組みについてはHP内の説明の部分をクリックし、お読みください。


◎平成30年7月豪雨

◎『ふるさとチョイス災害支援』

 岡山県倉敷市


頑張れ岡山!頑張れ倉敷!頑張れ真備町!
皆さん、ご協力よろしくお願いいたします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

広島県・H30年7月豪雨災害義援金の受付について

この度の西日本における豪雨災害の被害に心を痛めています。
私に出来ることをしていきたいと思います。ご協力をお願いいたします。
すでに様々な手段での寄付の場が設けられていますが、被災した自治体では広島県が窓口を開設しました。被災地へ直に届けられるという点で、被災された皆様へ、より迅速に届くのではないかと思います。以下は広島県のホームぺージと広島銀行に掲載された振込先です。皆様方には、ご協力をよろしくお願いいたします。
  広島県HPより(Top)
休日のご相談窓口義援金のお振込など 

広島銀行HPより(Top)
 
※記載の銀行窓口からの振り込みは手数料がかかりません。その他の銀行からはお尋ねしてください。ネットバンクからは支援者の負担となります。尚、寄付金は控除の対象となります。領収書が必要な場合、振り込む銀行に電話で問い合せて依頼してください。

その他の被災自治体の窓口も開設され次第お知らせいたします。
厳しい暑さが続いています。断水も続いています。この猛暑の中、後片付けに追われる被災した皆様、ボランティアの皆様には、くれぐれも熱中症など体調不良にお気をつけください。頑張れ広島!みんなで応援しましょう!
ご訪問のすべての皆様方も、この異常な暑さに体調を崩されませんよう御自愛ください。
                                                右近

| | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

2017・7月豪雨 福岡県への義援金・寄附金はこちらから

被災地でも厳しい暑さのようです。避難している皆さんの健康状態が案じられます。
ボランティァ活動される皆さんも、体調管理をしっかりなさってください。

 ◎ 福岡県への義援金・寄附金はこちらから←クリックしてください。cat

 皆様の温かい御協力をよろしくお願い致します。      右近

| | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

2017・7月豪雨 大分県への義援金・寄附金はこちらから

九州北部豪雨により甚大な被害があった大分県が義援金・寄附金を募っています。
県では「義援金」は被災した皆さんへ分配され、「寄附金」は復興のための自治体への寄附となります。

皆さまの温かいご協力を宜しくお願い致します。

◎大分県への義援金・寄附金はこちらから←クリックしてください。cat

| | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

2017九州北部豪雨災害緊急支援募金 『Yahoo!基金』他

◎ 『Yahoo!基金』ほか支援募金募集中 ←クリック!(^_-)

クレジットカードでの寄付のほか、Tポイントでの寄付も可能です。
皆様の温かいご協力をよろしくお願い致します。        右近

| | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

九州北部大雨 義援金募集 『日本赤十字社』

九州北部での大雨では甚大なる被害が出ています。息をのむ光景に言葉もありません。尊い命も失われ、未だ行方不明の方々もおられます。
同じ国に住む私たちにとって、どんな形であれ何らかの支援をするのが義務だと私は思います。現地では今日も大雨だということです。心配です。皆さん、何卒ご協力を宜しくお願い致します。   

 ◎ 『日本赤十字社』 2017九州北部大雨への義援金はこちらから (←クリックして下さい) 開きますと右サイドバーの赤く表示された「7月5日からの大雨」の部分をクリックして進んでください。

銀行や郵便局の窓口から、ネットバンクから、クレジットカードなど、いずれの方法でも寄付が出来ます。ネットから入金するには赤十字社の場合、まず登録をします。今回限りの協力も可能です。金額は自由に決められます。どうぞ皆様の温かいご協力、よろしくお願い致します。 右近       

| | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

大分県への義援金・寄付金はこちら

大分県も支援を募集しています。

こちらでは、義援金寄付金を分けての募集です。

義援金
は被災した皆さんへ分配されます。指定口座への振り込みです。

寄付金は被災した皆さんへの支援と、県の復旧にも使われます。

尚、寄付金を送金したい人は、まず表示のWordファイルかPDFファイルをクリックして開き、申し込み書類をプリントアウトします。(刷り出します)その用紙に記入の上、送付します。そして記入した入金予定日に寄付金を収めます。

申し込み用紙の送付が無い寄付金は、県に収められない場合もあると書かれています。「寄付金」での支援をされる人は、この点にお気をつけください。

また、いずれの支援方法でも、開いているWebページをプリントすると寄付控除に使用できると書かれてあります。必要な人はそのようになさってください。


大分県への義援金・寄付金はこちら

|

2016年4月25日 (月)

南阿蘇村への義援金振り込みはこちら

南阿蘇村への義援金振り込みはこちら

皆さん、よろしくお願いいたします。

|

2016年4月20日 (水)

『赤い羽根くまもと』さんを通しての義援金

赤い羽根くまもと

余震が九州各地で続き、被災者の皆さんは不安な毎日を過ごしています。避難所への物資搬入が滞るなどして食糧や毛布なども足らず、ニュースを見るたび心を痛めています。また車の中で過ごすことを余儀なくされ、エコノミークラス症候群の発症も増えています。せっかく地震から生き伸びた命を失う悲しい事態も起きてしまいました。

九州地区は過去に大きな地震を経験していないことや庁舎の損壊もあり、自治体も住民の皆さんも混乱が続いているようです。しかしながら心を痛めつつ私たちに今できることは限られています。災害支援は状況に合わせておこなわなければなりません。そうでなければただでさえ不眠不休の職員さんたちを、ますます多忙にさせてしまうことになります。

では、今、私たちが出来ることは何でしょうか。

◎各地の熊本県事務所や物産を扱うアンテナショップでの物品購入+その場で募金も。

◎皆さんが住んでいる自治体、各団体でおこなっている募金箱に募金での協力。

<信頼できる場所に設置された箱への募金を心がけてください。>

◎皆さんが住んでいる自治体の窓口に個人での支援品を持ち込む。

・現在、個人で避難所へ物資を発送するのは控えましょう。避難所では物資は大量が必要です。近隣の方々の車での持ち込みも、交通量を増やすので今は控えた方がいいと思われます。今後、いずれ個人での物品支援サイトの立ち上げは確実だと思われます。(もうあるかもしれません)個人から個人への支援はその時まで待ちましょう。政府も自衛隊による大小の各避難所へ直接搬入する物資運搬を始めています。熊本県も徐々に被災した人たちの居場所を把握しつつあります。

・自治体へ持ち込んで避難所へ送る物資梱包で注意することは、ひとつの箱には1種類だけの物資を入れること。全国から送られてくる支援物資は集積所や避難所で箱単位で仕分けていきます。中に何が入っているか箱に大きく明記しておきましょう。

家の中にある少量の物品を提供したいという気持ちは理解しますが、おおむね必要なものは国や企業からの支援でいずれ行き渡ります。皆さんの温かいお気持ちが現場を煩わせない配慮が必要です。

残念な例を話しますと、平成になって最初の激甚災害だった私のふるさと神戸では、阪神淡路大震災で全国から送られた衣類の廃棄処分に膨大な労力とお金を使うことになってしまいました。種類が分けられずに全国から送られた大量の衣類はニーズに合わないものも多く、使われることなく終わった衣類は大変な量となりました。あの時は何もかもが初めてで、支援の仕組みも構築されていなかったから仕方が無いことでした。 

皆さんが家にあるものを少しずつ提供する場合、ネット上でマッチングシステムがいろいろ立ち上がればそういったシステムを利用するのがとよいと思います。この方法なら、その品を欲しい人に送ることができます。被災した皆さんのwish listによりアマゾンその他からの直送もまた再開されることでしょう。衣類の需要も多く、種類のマッチングが合えばとても喜ばれます。

何といってもお金はいくらでも必要です。東日本大震災の際にもくり返し発信しましたが、このような激甚災害は復旧に長く時間がかかります。募金は一度おこなったから終わりではなく、くり返しおこなうことが望ましいと私は考えています。毎月、隔月、2~3ヶ月に一度など自分で決めた額を出来る範囲で細く長くおこなっていくことが被災した皆さんにずっと寄り添うことだと思います。被災者の皆さんは、これから長い苦労が続いていくのですから。

ボランティアへの参加も受け入れ体制が整備されるまで待ちましょう。体力のある元気な皆さんは、その時には大いに参加してください。きっと被災した皆さんは喜ばれることでしょう。

◎祈ること。想うこと。願うこと。
今もつらい状況にある皆さんが大勢おられることを思いやること。これは誰にでもできることですね。つらい人々に思いを馳せることであなたはきっと気付きます。何も起こらない「ふだんの平凡な暮らし」がいかに幸せなことであり、一日をしっかり生きなければと気付かされます。祈ること、想うこと。被災した皆様に早く平穏な暮らしが戻りますようにと願うこと。これらも皆さんにお願いしておきます。明日はまた悪天候とか。心配ですね。

以下は共同募金の「赤い羽根くまもと」さんからの募集です。(トップと同じリンクです) いち早く熊本県に送られる方法で義援金をとお考えの皆さんは、県が募る窓口からどうぞ。口座名、口座番号などが掲載されています。また、こちらでは領収書発行の案内もあります。必要な方はプリントアウトしてください。(年度末の控除に書けます) 皆さんのご協力を宜しくお願いいたします。頑張れ熊本!!、頑張れ九州!!

赤い羽根くまもと

|

2016年4月18日 (月)

熊本県に直接送金する受入れ口座

                                       平成28年4月15日

平成28年熊本地震義援金の募集について熊本県では、平成28年4月14日に発生した平成28年熊本地震によって被害を受けられた被災者を支援するための義援金を、本日、平成28年4月15日(金)から6月30日(木)まで募集します。

                                            記
1 内容

・県庁、各地域振興局、くまもと県民交流館、東京・大阪・福岡事務所に義援金箱を設置し義援金の募集を行います。

・義援金受入口座を開設し、義援金の募集を行います。

2 義援金募集について

①期間   平成28年4月15日(金)~6月30日(木)

②義援金箱の設置場所    県庁本館1階受付、各地域振興局、くまもと県民交流館、東京・大阪・福岡事務所の15箇所

③設置時間   午前8時30分~午後5時


④ 銀行振込による義援金受入口座

◎口座名義   

『熊本地震義援金  熊本県知事 蒲島郁夫』

◎銀行名及び口座番号

☆肥後銀行県庁支店  普通預金  1639261


☆熊本銀行県庁支店 普通預金  3012170


※郵便振替(郵便局・ゆうちょ銀行)については現在、開設手続中のため,開設次第ホームページにてお知らせします。
    熊本県

|