神戸

2018年1月17日 (水)

救える命があった 『村山内閣の歴史に残る大失態』

皆さん、こんばんは。冷たい雨の「1.17」です。
毎年ルミナリエの頃から震災のことを思い出し、考えてしまいます。なかでも当時の村山内閣の初動対応が非常に遅れたこと。そのことが救助を大幅に遅らせて多数の死者を出したことを皆さんはご存じでしょうか。これは何度もメディアで取り上げられてきましたが、若い人たちは知らないのではないかと思います。村山富市は地震が起きたことを知りながら、呑気に外遊の話などし、緊急性のない環境談話会などに出席し、お茶を飲んで談笑していたといいます。これを知ったとき、はらわたが煮えくり返るような思いでした。一瞬にして押しつぶされた家々の下敷きになり、まだ生きていた人たちもたくさん居たのに、燃え盛る街の中で次々と炎に包まれていった多くの人々も。村山内閣の初動対応に遅れから、救援活動がまったく間に合わなかった事実を知ってください。

ただし私は政治的に右でも左でもなく、村山富市という無能な首相の大失敗により救護が大幅に遅れ、救える命が救えなかったことのみ訴えます。古・貝原兵庫県知事の記事以下の、首相の村山富市が当時、いかに愚かであったかを知ってください。当時、大阪堺の自宅で、神戸の身内の誰とも連絡が取れず、崩れた家々、燃えさかる街の映像をテレビで観ながら、ひたすら無事を祈っていたことを思い出します。幸いにも身内に犠牲者は居ませんでしたが、町内や近隣では死者多数となりました。あの光景は思い出してもつらいものがあります。

以下の文は『なでしこりん』さんの文章を『くにしおもほゆ』さん『天晴!にっぽん』さんのブログより転載いたします。ありがとうございます。

阪神・淡路大震災 は、平成7年(1995年)1月17日(火)午前5時46分に発生しました。当時の内閣総理大臣は、社会党の村山富市です。「なんで社会党?」と思われるかもしれませんが、この時代は日本の政治の混乱期の一つであり、不幸にも平成6年(1994)6月30日~平成7年(1995)8月8日までは、社会党の村山富市が総理大臣、自民党の河野洋平が副総理兼外務大臣をやっていたんです。

f:id:b-co811:20150119060956j:plain

 この時代、小沢一郎により自民党が分裂させられ、「非自民党非共産」の新生党や日本新党などが作られ、そこに共産党を除く既成政党が野合したんです。具体的には、日本社会党 、新生党 、公明党 、日本新党、 民社党 、新党さきがけ、自由党、 改革の会 、社会民主連合 、民主改革連合、新党みらいなんですが、まさに「烏合の衆」ですよね。こういう連中が担いだのが「細川内閣」であり「羽田内閣」だったのですが、案の定、細川護煕は「佐川急便一億円借り入れ事件」で辞職。羽田孜が総理大臣になるも、今度は社会党が離脱して羽田は2ヶ月で退陣してしまうんです。そこでできたのが「自民、社会、さきがけ」の「自社さ政権」。

 

f:id:b-co811:20150119061129p:plain
 貝原俊民 

 そんな村山内閣の時代に「阪神淡路大震災」が発生します。当時の兵庫県知事は貝原俊民。貝原は去年、交通事故で死にましたね。一般的に言われているのが、「兵庫県知事の自衛隊への災害救助要請が遅く、迅速に災害派遣要請をしていれば死亡者はもっと少なく済んだ」という指摘もあります。なお、10時10分の陸上自衛隊への派遣要請は実際には、事態の深刻さを正確に判断した兵庫県の防災担当、野口課長補佐でした。野口課長補佐はその後、神戸の兵庫県庁から淡路島の県民局企画調整部に転出しましたが、これは野口課長補佐の独断をとがめた県による左遷という指摘もあります。

 

  10:10 ・兵庫県防災担当、野口課長補佐による陸上自衛隊への派遣要請
  19:50 ・兵庫県知事、海上自衛隊に災害派遣要請
  21:00 ・兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請

 

そして村山富市の、「阪神淡路大震災」時の動きですが、これが「信じられない世界」で・・・。

 

 06:00 ・CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード
        7・2。神戸で大地震」と報道。
       ・村山起床。テレビで震災を知る。

 08:00 ・官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。

 08:26 ・総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。
        テレビで情報収集。

 09:18 ・村山、廊下で記者に「やあ、大変だなあ」、
        視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」
        とコメント。

 10:00 ・村山、月例経済報告終了後廊下で、記者の
        「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」
        との質問に「そう?」とコメント。

 10:04 ・定例閣議。閣僚外遊報告。非常対策本部設置決定。
        玉沢徳一防衛庁長官には「沖縄基地縮小問題で
       (上京してきている)大田昌秀知事としっかり協議するように」
        と指示。
        震災についての指示なし。

 10:15 ・中部方面総監部、自衛隊災害派遣出動命令(2300人)

 11:00 ・村山、廊下で会見。記者の「総理が現地視察する予定は?」
        との質問に、「状況見て、必要があればね」。
        「総理は行く用意はありますか?」、
        「そうそう、状況を見て、必要があればね」。
       ・村山総理、「二十一世紀地球環境懇話会」出席。
        「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んで
         いく」と発言。

 12:00 ・新党さきがけ高見裕一、現地から官邸に電話。
        自衛隊増員要請するも、村山「高見は大げさだ」
        政府与党連絡会議中、
        五十嵐官房長官が村山に「死者203人」と報告。
        村山「え!?」と驚愕。 
        以上http://poo-mono.jugem.jp/?eid=294 より引用

 

 その後、初動対応を批判された村山は、

   「なにぶん初めてのことでございますし 、
    早朝のことでもございますから・・・、政府の対応は最善だった」

 と弁明するも、その後全面撤回する羽目に。

f:id:b-co811:20150119062847p:plain

 「阪神淡路大震災」での死者は6,434名で行方不明者3名なんですが、もし、もっと早い時点での災害対応ができていたら 焼死者や圧死者を減らすことができたのは自明の理ですよね。人々が苦しんでいる最中にこのボンクラ社会主義者は「二十一世紀地球環境懇話会」で 「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んでいく」とやっていたんです。まあ、人命などそっちのけの社会主義者ゆえの「鈍感さ」なんでしょうね。 こんなボンクラどもが出したのが「村山談話」であり「河野談話」。』

| | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

『追悼』 阪神・淡路大震災『1.17』の記録画像 

明日で阪神・淡路大震災から23年を迎えます。
被災地では震災後に生まれた人たちは、どんなに凄まじい震災だったかを具体的に感じることは難しいようです。また、遠く離れた皆さんは、当時いかに悲惨な激甚災害であったかを詳しく知ることはなかったのではと思います。
 
1995年1月17日に起きたこの大災害をいま一度皆さんに知っていただき、このような地震がどこにでも起きる可能性があることを胸に刻んで欲しいと思います。備えは万全ですか?今すぐに大地震が起きても一週間分の飲料水や食糧はあります自分の住んでいるところは大丈夫だという考えは捨て、十分な備えを常備し、避難の仕方を周りの人たちと日頃から考えてください。
 
私の生まれた家は神戸市兵庫区にありました。倒壊は免れたものの全壊と診断され、後に撤去されました。発生時、地下を走る電車は始発が通り過ぎた直後で、広い道路は大陥没を起こしました。隣の長田区は大火災で水も無く、町は焼けつくされました。神戸の中心部である中央区も壊滅状態、東灘区の悲惨さは言葉を失いました。私のふるさと神戸が、23年前、激しく破壊された事実を知ってください。どうぞ御覧になって、大地震に備えてください。
 
エリアのチェックボックスにチェックを入れて検索→出てきた画像の最初の画像をクリック→あとは大きな画像で順番に見ることができます。
 

| | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

We love KOBE ご来場.ありがとう!ルミナリエ2017終了

こんばんは。寒い夜ですね。今日もご訪問ありがとう。
ルミナリエは21時30分で終了です。今年も無事に終了となりました。
皆さんの応援有難うございました。関係者の皆様、後片付けご苦労様です。

私は少々具合が悪くて安静中です。新しいお客様はご存じないかと思いますが、私は国の難病指定を受けている膠原病の一種をもっています。(詳しく知りたい方は、HP『平成道行考』のどこかに書いています) もう20年もこの病気と共存しています。慣れてはいるものの、年々諸症状が強くなり、日常の暮らしもおぼつかなくなっています。ですから外出も殆んど出来なくなりました。昨日も記事を書いていると急に具合が悪くなりました。家に居てもそういうことはよくあることで、少し休んで続きを書こうと思っていましたが、まだよくなりません。ごめんなさい。もう少しかかるかな。皆さんも体調には気をつけてくださいね。
それでは皆さん、ごきげんよう。 あしたから一週間、頑張ってください。\(^o^)/  右近

| | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

神戸に帰れば食べるもの(その3)&ルミナリエ募金のお願い

おはようございます。今日はこちら曇りです。
ルミナリエも今日と明日の残り2日間となりました。ぜひお出かけください。

さて、私がよく食べるものをご紹介しましたが、ご訪問の皆様の大部分が好まれるかとスイーツが多くなっています。私の年令からどうしても老舗の店に馴染みがあるため、その傾向が強いですね。と言いますのは、神戸で私は生まれ育ったのですが、22歳で早くも神戸を出ることになりました。その後は同じ兵庫県の宝塚市、そして以後は大阪府内を四度の移動をして現在に至ります。つまり兵庫県民としてよりも大阪府民とpして暮らした年月の方が長いのです。しかしながら故郷への想いは強く、1995年の阪神淡路大震災以降は更にふるさとへの想いが強まりました。

電車ですぐに行ける距離ながら、現役中は仕事が多忙で訪れる回数は決して多いものではありませんでした。盆、正月に法事などで実家を訪れても、慌ただしく大阪に帰っていく日々でした。震災後に何も神戸のために出来なかった悔いは、忸怩たる思いとして今でも心の中にあります。ルミナリエは、あの震災を思い出させるものとして、市民、県民のみならず他府県の皆様に愛されるようになり嬉しく思っています。ただ、ルミナリエは殆んどが企業や住民からの募金で何とか継続できています。今後も存続させるためには、訪れてくださる皆様の応援があれば力強い味方となって来年に繋がっていきます。ご訪問の際には皆様の温かい募金で応援をお願いできれば大変うれしく思います。会場の至る所で募金を呼びかけています。ぜひご協力よろしくお願いいたします。

前置きが長くなりました。神戸を離れて長いので、老舗の店しか分からないということを言おうとして、つい震災のことを書いてしまいました。それでっと、もちろんスーツは老舗ばかりではありませんが、老舗の店を紹介しえいるサイトがあったので紹介しておきます。そうだ、G線もあったなぁ。なつかしい。G線は新幹線の新神戸の駅から近いので、興味がある方は立ち寄ってみてください。しかし「元町ケーキ」(現 ママがえらんだ元町ケーキ)は何と創業が1946年、昭和21年だったのですね!私が生まれてもいない頃、きっとその当時は空襲で焼け野原だっただろう神戸の街を、先代の創業者様はリヤカーを引いてお菓子を売り歩いたのです。それを知ると更に私の‘ざくろ’愛が高まりますね。では以下にリンクしておきます。

 神戸の老舗洋菓子店  マイナビニュースより

もちろん老舗以外のお店も実にたくさんあります。洋菓子にうるさい神戸市民の舌に応えるべく、人気のある店はみな間違いなく美味しいです。一貫しているのは‘甘すぎない’ことでしょうか。老舗の店以外で全国を席巻する二大洋菓子店はあまりにも有名になりました。今や老舗に負けないほど知られています。それが‘アンリ・シャルパンティエ’と‘ケーニヒス・クロ―ネ’です。これらは兵庫県が誇る二大洋菓子店に成長しました。‘アンリ・シャルパンティエ’は1969年に芦屋市で、‘ケーニヒス・クロ―ネ’は1977年に神戸市の御影(みかげ)で誕生しました。最初は共に小さなケーキ屋さんからのスタートでした。それが今では…。嬉しいですね。因みに店名は‘アンリ・シャルパンティエ’は19世紀にクレープシュゼットを考案したフランスの料理人の名前からだそうです。一方‘ケーニヒス・クロ―ネ’はドイツ語で「勝利の王冠」という意味だそうです。それでトレードマークのクマさんが王冠をかぶっているのですね。

このニ大洋菓子店のケーキは元町にある‘神戸大丸’、三宮にある‘神戸そごう’で有名店のケーキが買えます。これら両店とも進物などでネット購入する方も多いと思いますが、お近くに日もちのする商品だけで生ケーキを取り扱う店舗が無い場合、r両店の生ケーキやパフェを味わう機会がないかと思います。神戸にいらしたら、2店の生ケーキを存分に味わって下さい。その他の店も美味しいですよ。
以下に‘神戸大丸’神戸そごう’のHPをリンクしておきます。フロアマップで地下を開き、店名や位置をご確認ください。
◎ 神戸大丸

 神戸そごう

ではココで右近は休憩をとります。また後ほど。(^^)/

| | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

神戸に帰れば食べるもの(その2)

おはようございます。昨夜はあれからベッドに入り、すぐに眠ってしまったようです。最近は夜中に起きてゴソゴソするのが出来なくなりました。寒しね…。それで今日になりました。
きのうの記事に続けると長くなりすぎるので、今日は新たに(その2)として元町にある私が昔から好きなスイーツを他府県の皆様にご紹介します。(神戸人はそれらの店は日常的に利用しているので、いわば珍しくも何ともない店です) 今日はいい天気なので目下、朝Beatles中。では行きましょか。

今日お伝えするのは元町商店街にある店、近い店です。以下に元町商店街(元町通りとも呼ばれます)のHPも貼っておきます。

◎ 神戸元町商店街  スイーツマップも見ることができます。 

☆ 本高砂屋 神戸元町本店

この店も全国の皆さんがご存じの老舗です。進物の品物ではよく戴いたこともあるでしょう。但し、今日はそれら日もちのするお菓子ではなく和菓子です。それも目の前で焼いている、そう当たり!金つばです!なぁんやと思わないで下さいね。全国のデパートやショッピングセンターでよく知ってるよ、でしょ。私だって大阪梅田の阪急三番街を始め、いろんな場所で焼きたてを買いますよ。それなのになぜ…と思った皆さん、いちど本店で焼いている本高砂屋の金つばを食して下さい。
いえ、味が特に違うというわけではありません。本店で焼いている、これが私には重要なのでありまして。実は私は大のあんこ好き。どら焼き、饅頭、おはぎ、ぜんざいetc。あんこを使ったものに目が無いのであります。但し、何でもいいという訳ではありませぬ。洋菓子同様に甘過ぎるものはダメなのであります。金つばは他の店や他府県のものもずいぶん食べてきましたが、未だ本高砂屋の金つばを超えるものに出逢っていません。程よい甘さで上品な味。進物の日もちする金つばとはまた違った美味しさがあります。ぜひとも本店で焼きたてをご賞味ください。歴史を感じる立派なお店で焼きたての金つばを買って食べて下さい。観光客がふえているので、きっと1個買いも出来ると思います。あぁ、食べたくなってきた…。

場所は元町通りをそのまま進行方向に進むと3丁目になって左側にあります。本店でのおみやげ発送も喜ばれますよ。但し焼きたての金つばは店としてはその日のうちに食べてほしいとのこと。でも私は翌日に食べてみたことがありますが、次の日でも美味しかったです。さらに置く場合は食べる前に数秒レンジからの数分トースターというふうに温めてうただくと美味であります。

ちなみに元町本通りは大丸前が1丁目となり6丁目まであります。その間、様々な店が並び、歩いているだけでも楽しいです。6丁目まで行くとJR神戸駅が近く、ベイエリアのハーバーランドにも近づきます。神戸の街の中で「山側」と「海側」という表示を見ることがあります。「山側」は北、「海側」または「浜側」は南を表しています。神戸は東西に細長い街で、海の方を向いていると、近距離に背後に六甲山脈、前に港や海岸があるといった横長の街です。大丸の中でもこの表示があります。山が前に見えたら北で、その場合、大阪方面は右手、明石や姫路へは左手となります。細長いため、JR,阪急、阪神が並んで走っています。でも少しずつ南北に駅の場所はずらしてあって、何処からも鉄道の利用ができます。京都が碁盤の目のような街で分かりやすいのと同じで、神戸は海か山かで方向がすぐに分かるという待ちです。
(神戸マメ知識でした)

☆ エスト・ローヤル

ユーハイム本店あたりから元町通を左折して路地を海側へ進むと、南京町に出ます。ここも観光客が訪れる場所です。殆んどが中華料理店や食材を扱う店ですが、その中にこの店はあります。うっかりすると見過ごしてしまうほどの小さな店です。しかしここのシュークリームもすっかり有名になり知られていますね。南京町では中華料理店へ入らずとも出店でいろいろなものが安く食べられますが、このケーキ屋さんも1個売りしてくれます。中華を味わったあと、歩きながら食べられるお手軽なデザートに最適です。私は大量買いして帰ることがあります。以下に南京町もご紹介。

 熱烈歓迎 南京町

 ママがえらんだ元町ケーキ

さて次も イチオシケーキです。こちらは元町通りをかなり進んで5丁目まで歩いた所に本店があります。この店の看板商品は、その名も‘ざくろ’です。と言っても果物のザクロを使っている訳ではありません。混じりけ無しのスポンジに、混じりけ無しの生クリームを包んでイチゴを乗せたシンプルなケーキです。スポンジが割れた感じがザクロの実に似ているので名づけられました。これも私、3個くらい行けてしまいます。それほど美味しいのであります。オーナーさんのこだわりで、添加物一切無しです。その理由は、味覚は小さな子どもの方が鋭く、この時期に味わった感覚が大切で、それら子どもたちが安心して口に出来る安全なケーキ作りがしたいというものです。神戸スイーツには見た目も華やかでオシャレなケーキもたくさんありますが、私がこの店の‘ざくろ’を愛するのは何でもそうであるように、Simple is best.と思うからです。尚、この店は以前「元町ケーキ」という店名でしたが、今はこの名前です。‘元町ケーキ’は元町エリアのケーキ全体を表す言葉になっています。そうそう‘ざくろ’だけなら大丸のデパ地下でも買えますよ!

さて、また目が乾いてつらくなって来ました。今日は金曜日。今夜からバスでお越しの皆さんのために、また出てきて何処か紹介出来ればと思います。でも私は予定が立たないビョーキもち。先のお約束は曖昧にしておくと致しましょう。今年のルミナリエはとっても綺麗だそうですよ。是非お運びください。あいにく私は今の体力では出かけられないので、私の分も楽しんで来て下さい。
それではまた。よき一日にして下さい。皆さん、頑張っぺし!(これは神戸弁ではないけれど)

※ ご紹介の店が赤く出たり色が出なかったりしていますが、特に意味はありません。同じ手順でなぜ色がきちんと出たり出なかったりするのか未だ私は分かっていません。あしからずご了承ください。

| | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

神戸に帰れば食べるもの(その1)

皆さん、こんばんは。一週間の後半になりました。
今日は神戸に帰るとよく食べるものの紹介をいたしましょう。

その前に少々。昨日、貴乃花親方の女装んついて書きましたら、とても反響がありました。それで、このことを扱っている記事をご紹介することにします。記事の内容が今ひとつなので昨日はリンクをしなかったのですが、他の親方の女装も見られるのでリンクしておきましょう。以下をクリックして下さい。↓
 rouge 貴乃花親方ほか一門の親方衆の華麗なる女装 boutique (週刊女性PRIMEより)

神戸ではルミナリエが開催中で、世界一クリスマスツリーも見られます。神戸には美味しいものがたくさんあります。どうぞお越しください。今日はルミナリエのスタート地点に近い元町エリアで味わう美味しいものをご紹介しましょう。帰るとたいてい食べるものです。

☆ 『 神戸 元町 別館牡丹園 

大丸前から山側に向かってトアロードという通りが伸びています。その通りを少し歩いて路地を左折すると店があります。(トアロードに面した場所にある‘本館牡丹園’という店は、『別館牡丹園』と何の関係もありません。いつ頃からか紛らわしい店名で業者が店を出しています。由緒ある市民に親しまれている店は『別館牡丹園』です。観光客の皆さんはお間違いのないようにしてください。)

HPでご覧いただければお分かりですが、中華全般が注文できます。どれも美味しいですが、そうそう贅沢は出来ませんね。そこでおススメは、この店の‘焼きそば’です。メニューから麺類へ進み、焼きそばを見つけて下さい。1000円とあるのが見つかります。(ハード・ソフト)とありますが、ぜひともハードを選んで下さい。私たちは、‘かた焼きそば’と呼んでいます。あるいは‘かた焼きそばの並’と注文します。立派なエビやイカ、貝などが載った豪華なものもあるのですが、ここは並を選んで下さい。この並のかた焼きそばこそが、神戸市民のソウルフードと言っていいものなのです。パリパリの細めんに、キャベツや小エビなどが入った中華あんがたっぷりかかったとっても美味しい‘かた焼きそば’です。あるいは揚げそばです。私は現在、大阪の最南部に住んでおり、時々、「あぁ、牡丹園のかた焼きそば食べたい!」と絶叫することがあります。それほど私にはソウルフードなのであります。

次にスイーツと行きましょう。神戸と言えばスイーツです。私たちが誇る神戸スイーツの味は総じて甘さが控えめで上品な味、やさしい味です。今日は見た目の華やかさより、地味だけれど抜群の美味しさで親しまれ続けている店のスイーツをご紹介します。

☆ 『ユーハイム本店』 

大丸前から元町通りのアーケードに入って20メートルほどの所に、全国的に知られた『ユーハイム』があります。神戸の元町通りに本店があるのですよ。ここでのおススメが‘本店特製ショートケーキ’です。HPにも掲載されています。このケーキは6層もある生クリーム&イチゴと薄いスポンジケーキという豪華なケーキです。大きいので、お皿に寝かせた状態で出てきます。大きいのにペロリと食べてしまえるほどにアッサリして美味しいのです。このケーキは本店でしか食べることができません。私は年齢とともに生クリームが食べられなくなってきたのですが、神戸のケーキなら複数でも食べられます。とにかくこのケーキは感動ものです。飲み物とセットで1080円というのも嬉しいですね。2Fが喫茶です。昔からの雰囲気もいいですよ。どうぞお訪ねください。

ちょっとココでひと休み。目が乾いてきたので目を休めます。涙液ゼロはホントつらい…。
あと2店、続きは深夜か明日の午前に書き足します。それでは一旦、ごきげんよう。 右近

| | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

2017神戸ルミナリエ開幕

おはようございます。
昨夜、小雨の中、第23回神戸ルミナリエが開幕しました。あいにくの天候のなか、多くの人が集まったようです。
ご覧いただければお分かりですが、点灯の瞬間には観衆からどよめきが起こります。それほど圧倒される素晴らしさなのです。初日なのに…と心配していたのですが、この人の波を見て嬉しく思いました。開催は17日の日曜日までです。皆さんもぜひお出かけください。

◎ 第23回 shine 神戸ルミナリエ開幕shine <8日(金)17日(日)まで開催> 

  

  shine 今年の光の芸術はコレ クリックshine   SANKEI NEWSより

   

| | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

神戸へどうぞ。もうすぐ『ルミナリエ2017』

皆さん、こんばんは。今日は冷え込みましたね。西日本でも雪が降ったところがありました。いよいよ冬だなぁという感じです。

連日、相撲のことばかり書いていましたが、今日は相撲は忘れて『2017神戸ルミナリエ』のお知らせをいたします。しばらく勝手に神戸観光案内人になろうと思います。
今年で23回目になる『神戸ルミナリエ』、ということは、あの阪神淡路大震災から23年だということです。ルミナリエは、震災の犠牲者の皆さんへの鎮魂の意味を込めて始まりました。クリスマスシーズンのライトアップイルミネーションではありません。そのため毎年、クリスマスまでに終了します。今年始まる日にちは例年より少し遅くなっています。

shine『神戸ルミナリエ2017』開催は12月8日(金)~17日(日)shine

以下に『神戸ルミナリエ2017』に関する情報を集めているサイトをご紹介します。

◎Amuse logさん ←click!shine

様々な情報が得られます。お読みいただけば解りますが、遠方からのお越しには飛行機、新幹線、長距離バスなどがあります。どの交通期間をご利用でも、会場までのアクセスは容易にできます。

◎神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ  ←click!shine

組織委員会のオフィシャルサイトです。併せて参考になさってください。

私は神戸人として、期間中には細かい情報を発信できればと思っています。お泊りの方はホテルの予約が必要ですね。Trivagoなどでお安く宿を確保できます。その際、何処にホテルを取ればいいかと悩みますね。それにはまず旅の目的を定める必要があります。せっかく神戸にいらっしゃるのですから、ぜひとも神戸ならではの場所や味をお楽しみください。
宿を取るのは目的の行動がしやすい場所にしましょう。神戸には楽しむエリアがたくさんありますが、地域は大きく三つの繁華街に別れます。①三宮エリア ②元町エリア ③ベイエリア でしょうか。

①の三宮エリアは、すべての中心であるためホテルが取りにくいかもしれませんちなみに。三宮はルミナリエの終着地点になります。スタート地点に近いのは②の元町エリアです。このあたりではビジネスホテルや小さめのホテルが取りやすいです。三宮~元町間は駅にしてひとつなので、遠方から三宮へ着いたなら、三宮センター街など賑やかなショッピング通りを楽しみながらスタート地点へ徒歩で行くのがいいでしょう。ロッカーはふだんはじゅうぶんに在りますが、期間中は場所に寄りますが空きが少ないかもしれません。事前にロッカーのある場所を調べておくのがいいですよ。ルミナリエのスタート地点への最寄りの駅はJR元町か阪神西元町です。(三宮からなら徒歩がおススメ←シツコイ

③のベイエリアは、御存知あの典型的な景色が見える地域です。今は世界一のクリスマスツリーもありますよ。それらがすぐ前に見えるホテルもありますが、オークラやオリエンタルは、この期間は予約が難しいかもしれません。それにきっとお高い。少し歩いてJR神戸駅まで行けばリーズナブルな価格のホテルもいろいろありますよ。

期間前と期間中は案内人として情報を発信したいと思っています。相撲からのルミナリエ。神戸は京都や大阪に比べて外国人観光客は少なく、街全体はそれほど混み合っていません。そこがまた好きなんですよね私は。どうぞふるさと神戸をよろしくお願い致します。

相撲はちょっと置いておきましょう。疲れましたね。今日は相撲を語らないのにご訪問ありがとう。(再度。ココは相撲専門ブログではありませぬが集中的にやってしまいましたね相撲)

寒いですから暖かくしておやすみください。相撲の本が届いたので、今日はベッドで楽しみます。(やっぱり今日も相撲やん) それでは皆さん、ごきげんよう。 (^^)/    右近

| | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

けさの神戸

Dscn9246_512

けさ午前八時過ぎの神戸です。
太陽が出て朝陽がまぶしかったけれど、ガラス越しに写したので曇って見えます。
曇りではなく霞でもありません。とってもいい天気でした。今日はポートタワーが入っています。

ここには中型・小型船がよく停泊しています。
豪華客船などの大型船は道路やポートライナーを挟んで反対側に停泊します。
3月からは大型観光船の入港が目白押しです。写真好きの皆さん、船を被写体にいかがですか。

右近庵もいい天気で、帰ると=^_^=はるかちゃん(JJのママ)が庭でひなたぼっこ。
帰って来た時いつも彼女はよそよそしい。何処へ行ってたんだと言わんばかりに御機嫌ナナメ。犬だったら全身で喜びを表すのにね。
猫はツンデレ。そこがいい。今は私のそばで眠ってる。ちゃんとご飯もたくさん食べていて、おりこうさんでした。あぁ、かわいい。heart01

忙中閑あり。束の間の休息です。
春めいてきたのに風が冷たい。冬から春に移り変わる早春の空気が心地いい。

多忙はあと2週間ほど続きます。まだ行き来しなければなりません。
すでにかなり疲労しているけれど、気力でもう少しの間、頑張ります。

ゆっくりした時間が持てたら、また楽しい時を共有しましょう。
どうでもいいような話などして。ステキな音楽など聴いて。

珍しく夕方に出てまいりました。いま午後5時を回ったところです。
あしたからの新たな一週間を、お元気でお過ごしください。

それでは皆さん、ごきげんよう。              右近

 

| | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

2月の晴天 <青空 in神戸>

Dscn9219_512

2月なのに冬空らしくない青空だった今日の神戸。

天気がいいと行き交う船や空に向けてシャッターを切りたくなる。

しまった。空しか見ておらずポートタワーが切れていて残念。

天気予報では寒くなると言っていたけれど、冬物のコートが少し暑かった。

確実に春が近づいていることを感じる暖かさと、少し冷たい風が心地よくて。

今日、右近庵へ戻ってまいりました。

いろいろ忙しくしていました。これからもっと多忙です。

人生ってめまぐるしいね。だから面白いのかもしれない。

あらたな1週間を元気にお過ごください。

それでは皆さん、ごきげんよう。                  右近

 

| | トラックバック (0)